アジア大会への切符は誰の手に?国際eスポーツ大会「e-Masters」日本代表選考会が開催へ

一般社団法人日本eスポーツ連合は2019年11月29日(金)、アジアeスポーツ連盟が主催する国際eスポーツ大会「AESF e-Masters SHENZHEN 2020」の、日本代表選手選考会を2019年12月21日(土)に開催することを発表しました。

「AESF e-Masters SHENZHEN 2020」とは

2020年3月6日~9日に開催が予定されている「AESF e-Masters SHENZHEN 2020」はアジアeスポーツ連盟(AESF)が主催するeスポーツ国際競技大会で、アジア地域におけるeスポーツの成長と可能性を発掘することを目的としています。

初めての開催となる「AESF e-Masters SHENZHEN 2020」は中国・深センで開催されることになっており、

・伝説対決 -Arena of Valor-

・eFootball ウイニングイレブン 2020

・リーグ・オブ・レジェンド

・Warcraft Ⅲ: The Frozen Throne

の4タイトルでそれぞれのアジア最強を決する戦いが繰り広げられます。

日本代表選考会を12月に実施

日本では2019年12月21日(土)に、日本代表を決める選考会が東京で行なわれます。

この選考会では国際大会で採用されている4タイトルのうち、

・伝説対決 -Arena of Valor-

・eFootball ウイニングイレブン 2020

・リーグ・オブ・レジェンド

の3タイトルそれぞれの日本代表が決められます。

選考会の様子はインターネット番組配信される予定で、選考方法ほか詳細な情報は今後JeSU公式サイトなどで発表されることになっています。

>>JeSU公式サイト

アジアeスポーツ連盟(AESF)とは

「AESF e-Masters SHENZHEN 2020」を主催するアジアeスポーツ連盟は、日本を含むアジア45の国と地域が加盟している国際eスポーツ組織です。

2018年にインドネシアのジャカルタとパレンバンで開催された「2018年アジア競技大会」では、アジアオリンピック評議会(OCA)からの委託を受けて運営を担当しています。

まとめ

2020年3月に、採用タイトルそれぞれのアジア最強を決める国際eスポーツ大会「AESF e-Masters SHENZHEN 2020」が、中国の深センで開催されます。

JeSUでは国際大会での採用タイトルのうち3つに日本代表を派遣する意向とのことで、それらのタイトルの日本代表を決める選考会を今月21日に東京で行うことにしています。

詳細はまだ発表されておりませんが、全国からそれぞれの猛者たちが集まってくることが予想されます。

その中で世界に挑むチャンスを手にするのはいったいどこのチームでしょうか。

選考会の続報が待たれます。

ソース:「AESF e-Masters SHENZHEN 2020」プレスリリース[JeSU公式]

Twitterでフォローしよう