イメージ

凸版印刷株式会社と株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI)は2020年7月8日(水)、社会人アマチュアeスポーツプレイヤーを対象としたリーグ「AFTER 6 LEAGUE」を設立したことを発表しました。

今年8月から参画企業の受付が開始されます。




「AFTER 6 LEAGUE」とは

イメージ

「AFTER 6 LEAGUE」は、企業によるeスポーツ活動の活性化と、eスポーツをきっかけとした企業間交流の機会創出を実現することを目的に設立された社会人アマチュアeスポーツリーグで、一般社団法人日本eスポーツ連合と一般社団法人東京ヴェルディクラブ後援の元で運営されます。

eスポーツ界は世界で1,000億円規模の市場が形成されており、日本国内においても急速に盛り上がりを見せている中、経済産業省委託事業としてJeSUが開催した「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」でも今後の成長施策が示されています。

このような状況下、2019年から企業向けeスポーツイベントなどを行ってきた凸版印刷とCCIは、これまでの知見を活かして社会人アマチュアeスポーツリーグ「AFTER 6 LEAGUE」を設立。

これによってeスポーツの活性化だけでなく企業間交流の機会創出を実現することを目指しています。

またオンラインでも実施可能なeスポーツの特性を活かし、アフターコロナ時代の「新しい生活様式」における、社会人アマチュアeスポーツプレイヤー同士の「競争」と「絆」の創出を支援していくということです。

今後のスケジュールは、今年8月から参画企業を募集、10月から運営開始が予定されています。

社会人アマチュア大会の開催へ

「AFTER 6 LEAGUE」では、企業に所属するアマチュアeスポーツプレイヤーを対象としたリーグ運営を通じて、

「競争」

「絆」

を創出する場が提供されていきます。

リーグ戦を実施するゲームタイトルは、個人戦でなくチーム戦・団体戦のタイトルを採用することが決まっており、企業チーム内外の交流を促進します。

まずはライアットゲームズの人気オンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」からリーグを順次開催していくことになっており、2020年度は最大6タイトルでの開催が予定されています。

イメージ




拠点やツールの提供・企業交流の促進へ

また「AFTER 6 LEAGUE」では、企業がeスポーツ活動を行う上で課題となっている練習環境の整備も支援していくことが決まっています。

練習場所としてはマンガ喫茶・インターネットカフェ「DiCE」(ディスクシティエンタテインメント運営)が登録企業に提供され、企業のeスポーツ活動の活性化をサポートが行われていきます。(2020年度は東京都内のみの提供)

eスポーツを通じた企業交流のサポートとして、チャットや対戦マッチングを支援するコミュニケーションツール「cogme」が提供されます。

これによって、リーグに参加した企業同士のゲームを通じた企業間交流の促進が行われます。

他にも、リーグ報告会イベントやeスポーツに関するセミナーなどのコミュニケーション機会の提供、多様な企業によるコミュニティの形成の促進が予定されています。

今後の目標として、2020年度内に

・登録企業数50社

・年間約200試合

・登録ゲームタイトル数6本

を目指して活動を実施するとともに、国内におけるeスポーツ振興を目的とした普及・浸透活動を推進し、社会人スポーツの一つの選択肢として、eスポーツが根付くことを目指していくということです。

「AFTER 6 LEAGUE」公式サイト

まとめ

社会人アマチュアeスポーツプレイヤーを対象にしたeスポーツリーグ「AFTER 6 LEAGUE」が設立されました。

同リーグでは、eスポーツを通じて社会人同士の絆・つながりや、企業間交流を支援していくことを目指しています。

とりあえずのスケジュールは、今年8月から参画企業の募集が、10月から正式な運営が決まっています。

まずは「LoL」を使った大会が計画されており、この大会の行方も気になるところです。

同リーグにはどんなメンバー(企業)が集まるのか、これからどんな展開が待っているのか、今後の動きに注目ですね。

ソース:「AFTER 6 LEAGUE」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう