イメージ

株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパンが運営するアニメ専門チャンネル<アニマックス>は、延期されていたeスポーツ新規プロジェクト「e-elements」の第一弾大会“League of Legends Spring Cup 2020”を、今年10月~11月にオンラインで開催することを発表しました。




「League of Legends Spring Cup 2020」とは

「League of Legends Spring Cup 2020」は、アニマックスのeスポーツプロジェクト"e-elements"が主催する大会で、昨今の新型コロナ禍で開催が延期されていました。

競技タイトルは大会名にある通り、ライアットゲームズのオンラインバトル「League of Legends」が採用されており、全国から同ゲームのアマチュアプレイヤーたちが集まり、激闘が繰り広げられます、

そんな「League of Legends Spring Cup 2020」が、大会名称を“League of Legends Autumn Cup 2020”と更新して、今年10月18日~11月8日の間計4日の日程で完全オンラインの形式で行われることになりました。

イメージ

大会は

・1次予選

・2次予選

・決勝トーナメント

の3部構成になっており、そのうち1次予選はA日程が10月18日(日)に、B日程は10月25日(日)に行われます。

2次予選は11月1日(日)に行われる予定で、1次予選各日程の上位チームが激突します。

11月8日(日)に行われる決勝トーナメントでは、2次予選の上位チームが優勝を巡って戦います。

試合は5名1チーム同士のバトルで、各予選ともBo1形式で実施されます。

決勝トーナメントの賞金は総額500万円となっており、2次予選と決勝はライブ配信もされます。

また今回の発表と同時にe-elements公式YouTubeチャンネルが開設されており、大会オープニング映像が公開されています。

イメージ

Youtube大会オープニング映像より

Youtube公式チャンネル

大会公式サイト

大会公式twitter:@e_elements_Jp




エントリーが10月まで受付中

「League of Legends Autumn Cup 2020」のエントリー受付は公式サイトで既に始まっており、締め切りはA日程が10月18日(日)13:30まで、B日程が10月25日(日)13:30までとなっています。

A日程、B日程共に最大256チームまでエントリー可能です。

参加できるのはLJLロースター登録選手以外のアマチュアプレイヤーで、15歳以上の5名1チーム(スターター5名、リザーバー3名)でエントリーできます。

なお、公式サイトによると、A日程の上位8チームはB日程に参加できないということです。

まとめ

アニマックスのeスポーツ大会「League of Legends Autumn Cup 2020」が、今年10月と11月にオンラインで開催されます。

採用タイトルはライアットゲームズの「League of Legends」で、アマチュアのプレイヤーたちが賞金を巡って白熱した戦いを繰り広げます。

現在1次予選のエントリーが受け付けられており、A日程とB日程それぞれ最大256チームまでエントリーできます。

2か月後の開催が決まったこの大会では、どんなバトルが展開されるのでしょうか。

当日までにまだまだ時間はあるので、ぜひエントリーして本番までに腕を磨き、チャレンジしてみてください。

ソース:「League of Legends Autumn Cup 2020」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう