「東アジアeスポーツチャンピオンシップ」9/10~12に開催!公式サイトオープン

一般社団法人日本 eスポーツ連合(JeSU)が、2021年9月10日(金)~12日(日)に韓国で開催が予定されている「東アジアeスポーツチャンピオンシップ」(Esports Championship East Asia)のWEBサイトを公開しています。




「東アジアeスポーツチャンピオンシップ」公式サイトオープン

「東アジアeスポーツチャンピオンシップ(EACA)」は、2021年9月10日(金)~12日(日)に韓国のソウルオリンピック公園で開催されるeスポーツ国際大会で、韓国政府主導の下、韓国の文化スポーツ観光省の主催で開かれます。

出場国は

・日本

・中国

・韓国

の3か国で、それぞれから選抜された代表選手が、エキシビションを含む5つのタイトルでオンラインで戦います。

今回、同大会の公式サイトが公開されており、大会の様子は、YouTube・Twitch・OPENREC・ニコニコ生放送で配信されます。

イメージ

jesu.or.jp/ecea/より

大会公式サイト

5タイトルを採用

本大会では

「モバイル版Clash Royale(クラッシュ・ロワイヤル)」

「PS4版eFootball ウイニングイレブン」

「PC版League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)」

「PC版PUBG:BATTLEGROUNDS(PUBG)」

「PC版Dungeon&Fighter(アラド戦記)」

が採用されており、クラロワでは4選手による個人戦が、ウイイレでは1チーム2選手によるチーム戦が、またLoLでは1チーム5選手+コーチによるチーム戦、PUBGでは1チーム20選手によるチーム戦が行われます。

また「Dungeon&Fighter」では、2選手による個人戦のエキシビジョンマッチが実施されます。




日本代表選手の選定へ

本大会に出場する日本代表選手は、2020年9月に開催された「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」の成績と、各競技タイトルのIPホルダーの推薦に基づき選出する予定になっています。

選定の結果は、今回オープンした大会公式サイトにて、決定次第発表されていく予定になっています。

まとめ

2021年9月10日(金)~12日(日)に韓国・ソウルオリンピック公園で行われる「東アジアeスポーツチャンピオンシップ」の、日本版公式サイトが公開されました。

この大会は韓国政府主導の下で同国文化スポーツ観光省が主催する大会で、PUBGやウイイレなど5タイトルが採用されています。

出場国は日本・中国・韓国で、その様子は各動画サイトで配信されます。

パラリンピック終了後の興奮冷めやらぬ中で行われるこの国際大会は、いったいどんな展開になるのでしょうか。

当日はぜひ配信で観戦して、その熱い戦いの行方を見守ってください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう