「東アジアeスポーツチャンピオンシップ 2022」11/16開幕!日中韓対抗戦

2022年11月16日(水)~18日(金)に、「Esports Championships East Asia 2022(東アジアeスポーツチャンピオンシップ 2022)」がオンラインで開催されます。

参加国は日本・中国・韓国の3か国で、このうち日本と韓国のみ釜山でオフライン実施。

最終日の決勝の様子は、ライブ配信が予定されています。




「東アジアeスポーツチャンピオンシップ 2022」11/16開幕

今月16日(水)~18日(金)の3日間にわたり、国際大会「Esports Championships East Asia 2022」がオンラインで行われます。

この大会に参加するのは、

・日本

・中国

・韓国

の代表選手で、3か国の友好と東アジアにおけるeスポーツの価値向上を目指して企画されています。

本大会は今年で2回目の開催で、記念すべき第1回は2021年に韓国で開催され、5つの競技のうち3つの競技で勝利した中国が総合優勝を果たしました。

今回は3タイトルを採用!日本・韓国はオフラインで参加

今回の大会では、

「eFootball 2023」

「Hearthstone(ハースストーン)」

「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)」

の3タイトルが決まっており、基本的には中国・上海を配信拠点としたオンラインでの開催になっているものの、日本と韓国の2か国は韓国で開催中のゲーム産業の展示会「G-STAR 2022」に合わせ、釜山にてオフラインで競技が実施されます。

なお、本大会の配信や結果については、大会公式サイトなどで案内されていきます。

イメージ

大会公式サイト




日本からの派遣選手発表!賞金は総額約100万円

日本からの選手は、JeSUから派遣することになっており、今回その選手たちも発表されています。

それによると、「eFootball 2023」ではLeva選手、koko選手が、「Hearthstone」ではposesi選手、Alutemu選手が、「League of Legends」ではRicky選手、Popon選手、Akainu選手、chilioil選手に決まっていて、さらにコーチとしてSengoku Gaming所属のYSDSさんが現地へ派遣されます。

また賞金には、各タイトル総額約100万円(50,000元:1中国人民元=20円換算)が用意されており、その内訳は、

・優勝国:約50万円(2万5千元)

・準優勝国:約26万円(13,000元)

・3位:約18万円(9,000元)

・MVP:約6万円(3,000元)

となっています。

まとめ

「東アジアeスポーツチャンピオンシップ」(Esports Championships East Asia 2022)が、今月16日~18日にオンラインで開催されます。

参加するのは日中韓の3か国で、このうち日本と韓国は釜山の会場から参戦します。

決勝の様子は配信も予定されているので、この国際試合にぜひ注目してください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]