イメージ

2020年9月から開催されていた、コナミの音楽ゲーム大会「BEMANI PRO LEAGUE ZERO」が10月27日(火)の配信をもって終了し、その結果が発表されました。

チーム「TEAM MIRIN」が優勝に輝いています。




「BEMANI PRO LEAGUE ZERO」とは

「BEMANI PRO LEAGUE ZERO(ビーマニ プロ リーグ ゼロ)」は、コナミが主催する音楽ゲーム大会で、翌2021年5月に開催予定の「BEMANI PRO LEAGUE」の楽しさを事前に広めるためのプロモーションイベントとして、2020年9月から実施されています。

「BEMANI PRO LEAGUE」は、コナミの7つの鍵盤と1つのターンテーブルをリズムにあわせて操作するDJシミュレーションゲーム"beatmania IIDX"を採用した、eスポーツと音楽を融合させた新しいeスポーツ音楽エンタテインメントで、各企業がオーナーとなったチームが、優勝を目指してリーグ戦で戦います。

イメージ

『BEMANI PRO LEAGUE ZERO』公式サイト

『BEMANI PRO LEAGUE』 公式Twitter

BEMANI PRO LEAGUE 公式サイト

激戦を制したのはチーム「TEAM MIRIN」

本大会のレギュラーシーズンとファイナルでは、

「TEAM Ryu☆」

「TEAM MIRIN」

「TEAM YASHIRO」

の3チームが激戦を繰り広げ、最終戦では古川未鈴監督が率いる「TEAM MIRIN」の

U*TAKA選手

KENTAN選手

ANSA選手

YUNOCY選手

の4選手が奮闘。

見事「TEAM Ryu☆」に勝利し、優勝に輝くという結果になりました。

イメージ

来年の本番では6企業のチームが激突

個性豊かな監督と技を磨いた選手が盛り上げることとなった本大会では、来る2021年開催の「BEMANI PRO LEAGUE」への期待につながる"熱い戦い"を広く周知することが最大の目的となっています。

コロナ禍の影響で2021年に開催延期された「BEMANI PRO LEAGUE」では6企業がチームオーナーとなっており、ドラフト会議で指名されたプロ選手がリーグ戦を競い合います。

大会の開催を受けてコナミアミューズメントは、本大会を通じて新たなユーザー体験を提供することにより、参加しても観戦しても楽しい"KONAMIタイトル"の面白さ・楽しさをより多くのプレイヤーに伝えていきたいとしています。

BEMANI PRO LEAGUE ZERO アーカイブ配信

BEMANI PRO LEAGUE ZERO 大会結果




「BEMANI PRO LEAGUE」オーナー企業

2021年開催予定の「BEMANI PRO LEAGUE」出場チームオーナーは、以下の6社です。

・株式会社共和コーポレーション

・株式会社マタハリーエンターテイメント

・株式会社山崎屋

・株式会社ラウンドワン

・株式会社レジャラン

・株式会社ワイ・ケーコーポレーション

まとめ

コナミの音楽ゲーム大会「BEMANI PRO LEAGUE ZERO」が10月27日に終了し、その結果「TEAM MIRIN」が優勝チームに輝きました。

本大会は来年に開催が延期された「BEMANI PRO LEAGUE」の楽しさを事前に周知するためのプロモーションイベントで、コナミの音楽ゲーム「beatmania IIDX」を採用した対戦が行われています。

本番となる「BEMANI PRO LEAGUE」では、6企業がオーナーとなったチームの選手が優勝を目指して激突します。

来年の大会ではどんな対戦が見られるのでしょうか。

今回行われた大会のアーカイブ配信がされているので、それを見て「BEMANI PRO LEAGUE」の開催を心待ちにしましょう。

ソース:「BEMANI PRO LEAGUE ZERO」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう