イメージ

社会人ゲーマー向けコミュニケーションプラットフォーム「cogme」を運営している株式会社エイプリルナイツは、企業の部活動のひとつである"eスポーツ部"の、創設支援サービスの募集を開始しました。




「企業eスポーツ部創設支援サービス」募集スタート

今回開始される「企業eスポーツ部創設支援サービス」は、エイプリルナイツ社が新しく創設するサービスで、企業における"eスポーツ部"の設立をサポートするものです。

具体的には、社内eスポーツ部創設の許諾獲得支援のほか、

・社内展開資料作成支援

・部員集め

・部内で扱うゲームタイトルの選定支援

・部活動の規則制定支援

・社内eスポーツイベントの運営や配信の支援

などのサポートが包括的に行われます。

イメージ

eスポーツ部を設立する3つのメリット

企業がeスポーツ部を運用するにあたっては、単に上司と部下の間でコミュニケーションが取れるだけでなく、以下3つのメリットがあります。

<企業間の交流が円滑に>

普段全く関わらない業種や立場の会社同士でも、チームを立ち上げることでeスポーツを通じた交流の機会を作りやすくなります。

<企業の広報や採用に貢献>

ゲームを利用した対外試合等に出場することで、会社の広報やブランディングに繋がります。

また、ゲームをプレイしているユーザーには一般的に若者が多いことから、若手社員の獲得にも貢献することが期待できます。

<福利厚生に貢献>

eスポーツ部は企業の福利厚生として導入することもでき、オンラインによる部署間、事業所間のコミュニケーションの活性化やチームビルディングの達成、上司や部下といった、世代を超えたフラットなコミュニケーションの形成や離職率の低下にも繋がります。




増加傾向にある企業のeスポーツ部

ここ数年で「eスポーツ」という言葉がゲームのイメージを変えており、プロ選手によるハイレベルな大会も開かれており、もはや従来の"スポーツ"と同等に扱われています。

昨今のコロナ禍では、ステイホーム対策としても急激に普及しており、オンラインで場所を超え、

・年代や性別

・身体的ハンデ

に関係なく、"誰もが楽しめるスポーツ"として認識が広がっています。

こうした中で、企業の名前を掲げ、社員同士でゲームに取り組む会社も増加傾向にあり、注目を集めています。

こうした会社では、ゲームで年代や部署を超えた活発な社内コミュニケーションが実現されており、企業のブランディングやチームビルディングの達成など、様々な効果を実現しています。

今回開始された「企業eスポーツ部創設支援サービス」では、これからeスポーツ部を創設しようと考えている企業に対して、運用実例をもとに所属している会社に沿った形でeスポーツ部の設立がサポートされていきます。

イメージ

まとめ

企業のeスポーツ部設立をサポートする「企業eスポーツ部創設支援サービス」が開始されました。

近年会社で増えつつある、eスポーツ部設立に必要なことをサポートするサービスで、設立は会社の広報や採用活動、福利厚生などに貢献することが期待されます。

更には異業種間での円滑な交流もできるなど、メリットが多いのもeスポーツの特徴です。

一昔前は"単なる遊び"とされていたゲームですが、最近では頭を使ったプレイや素早さなども求められることから、従来のスポーツと同じ扱いもされています。

よく「酒は人間関係の潤滑油」と言われるのも聞きますが、eスポーツもコミュニケーションを活性化させる潤滑油たる存在になるのかもしれませんね。

ソース:「企業eスポーツ部創設支援サービス」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう