イメージ

株式会社NTTドコモがeスポーツ事業へ参入することを発表しました。

2021年から始まる、新たなeスポーツリーグを同社が運営していくことが公開されています。




NTTドコモがeスポーツに参入

NTTドコモが今回、eスポーツ業界に参入することを発表しました。

近年eスポーツ業界は急速に成長を続けており、日本における市場規模は2019年から2022年で約2倍に拡大すると想定されています。

また主流になりつつあるオンライン対戦などの他者と一緒にゲームを楽しむスタイルは、5Gの普及で大きく加速していくと考えられています。

そんな中で同社は、5Gを活用した、より臨場感のあるVR・AR視聴体験や高速・大容量通信による快適なプレイ環境を提供していくとしており、さらに人気ゲームタイトルを用いたeスポーツリーグを開催することで、eスポーツ産業を盛り上げていくことを目的に参入しています。

2021年から始まる2大会を運営へ

eスポーツ参入の一環として、2021年2月に開幕するeスポーツリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」の運営をしていくことが決定されています。

同大会は世界的に人気のバトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE(ピーユービージーモバイル)」のプロ選手が参戦する大会で、年間を通じて熾烈な戦いが繰り広げられます。

またRiot Gamesとのパートナーシップも締結されており、2021年以降に開催の「League of Legends:Wild Rift」の大会運営も予定されています。

NTTドコモはこれを皮切りに、世界的に人気のゲームはもちろん、5Gにより今後のモバイルゲームの市場拡大も視野に入れて、ゲームタイトルを増やしていくとしています。

PUBGリーグでは16チームが激突

イメージ

pubg.ad.at.nttdocomo.co.jpより

21年2月に開幕する「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」では、1チーム5~7名の計16チームが激突します。

大会は2フェーズ制となっており、

・フェーズ1:2021年2月~2021年4月

・フェーズ2:2021年7月~2021年9月

のスケジュールで、年間合計100試合が予定されています。

試合は1チーム4人プレイで16チームが同時に対戦する"SQUAD"形式で実施され、フェーズ1の優勝チームは上期の世界大会に、また年間シーズン総合優勝チームは下期の世界大会に出場できます。

シーズン賞金の総額は3億円となっており、賞金とは別にプロ選手全員に対して年間350万円以上の保証がされていく予定です。




チームオーナーとスポンサーを募集

またこれらのeスポーツリーグおよび大会開催にあたって、チームオーナーとスポンサーの募集がされています。

まず「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」の開始に先がけ、本リーグに参画する法人チームオーナーが募集されています。

募集チーム数は1チーム5名以上7名までの計16チームで、参画には

・法人企業であること

・チームに所属する選手を最低5名揃えられること

が条件になっています。

応募の締め切りは、一次締め切りが2020年11月27日(金)午後11時59分、最終締め切りが2020年12月10日(木)午後11時59分となっており、応募ページにて受け付けられています。

まとめ

NTTドコモがeスポーツに参入し、2021年から開幕するeスポーツリーグ2大会の運営をしていくことが発表されました。

2021年2月からは「PUBG MOBILE」のリーグ大会の開催が決まっており、また「League of Legends:Wild Rift」の大会も予定されています。

ドコモはこのeスポーツ参入をきっかけに、5Gを活用した快適なゲーム環境の提供や大会の開催をしていくとしています。

両大会もそうですが、これから開催されていく大会ではどんなプレイが見られるのでしょうか。

今後の発表にも注目が集まりそうです。

参考:NTTドコモ公式サイト

Twitterでフォローしよう