イメージ

アマチュアeスポーツプレイヤー向けのプラットフォームを提供しているゲシピ株式会社は、eスポーツのチーム活動支援サービス「eブカツ」の早期アクセス版を、2019年12月27日(金)にリリースしたことを発表しました。

「eブカツ」とは

「eブカツ」は、eスポーツを楽しむ全てのプレイヤー向けに開発された専門コミュニケーションサービス。

LINEやTwitterのようなツールやメールなどがなくても、簡単にチーム間の交流ができます。

イメージ

このサービスを使えば

・ゲームの情報交換

・試合の設定

・練習スケジュールの設定

などがワンストップで行えます。

今後は、

「登録チーム間で対戦相手を探す」

「いろんな大会にエントリーできる」

といった機能が追加されていく予定で、幅広くeスポーツを楽しむために必須なツールとなっています。

>>チーム活動支援サービス「eブカツ」公式サイト

3つの機能でチーム運営をサポート

「eブカツ」には日々の連絡や予定の調整などをサポートする3つの機能があり、登録するだけで簡単にチーム運営をすることが可能です。

1.「部室」機能でチーム内のコミュニケーションを円滑に

「部室」機能はチーム活動の拠点となる機能で、チームメンバーが集まって

・練習や試合の予定

・新しいテクニックの情報

・気になる新ゲームの情報

などを自由に交換することが可能です。

情報の共有や話し合うことができるため、今まで以上にチーム内のコミュニケーションを活性化させることができる機能です。

イメージ

2.「スケジュール」機能でチームの予定をラクラク管理

「スケジュール」機能では、チームメンバーへのアンケートで調整することによってスケジュールを立てることができます。

作成したスケジュール表はチームメンバー全員が見ることができ、個別調整が不要になるためにスケジュール管理が一気に楽になります。

イメージ

3.他チームへ対戦の打診が可能

他チームへの対戦を申し込みができる機能も搭載されています。

効率的な練習をするのに便利なものになっており、

・プレイタイトル

・チームの所在地

の他にも、自分たちのレベルや特徴にマッチングした対戦相手を探すことが可能です。

この機能は現時点でまだ実装されておらず、今後提供予定になっています。

イメージ

まとめ

eスポーツをチームや部として取り組むプレイヤー向けに、eスポーツ専用コミュニケーションサービス「eブカツ」の早期アクセス版がリリースされました。

このサービスでは、日々の連絡や予定の調整などのチーム運営をしていくのに便利な機能が提供されており、まさにチームリーダーたちには必須とも言えるアイテムになっています。

これからeスポーツチームや部を立ち上げようとしている人や、現在チームを運営しているけどスケジュール調整や情報共有に悩んでいる人もチーム運営をサポートしてくれるこのサービスを使って、更に幅広くeスポーツを楽しみましょう。

ソース:「eブカツ」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう