アニマックス主催の「LoL Spring Cup 2020」決勝トーナメントが4月11日に開催!

株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパンは、アニメ専門チャンネル<アニマックス>のeスポーツプロジェクト「e-elements」の第一弾として開催する「League of Legends Spring Cup 2020」決勝トーナメントを、2020年4月11日(土)に東京・渋谷の“ヨシモト∞ホール”で開催することを発表しました。



「League of Legends Spring Cup 2020」とは

イメージ

「League of Legends Spring Cup 2020」は、アニマックスが今月7日に発表したeスポーツプロジェクト「e-elements」初の大会として行われるもので、RiotGamesのマルチプレイヤーオンラインバトル「League of Legends」の日本公式大会です。

参加できるのはLJLロースター登録選手以外の15歳以上のアマチュアで、

・スターター5名

・リザーバー3名

で構成される5名1チーム同士がバトルを繰り広げます。

賞金の総額は500万円で、決勝トーナメント・決勝戦の上位チームなどのそれぞれに贈呈されます。

オンライン予選が3月に実施

「League of Legends Spring Cup 2020」のエントリーが2020年3月13日(金)12:59まで受け付けられており、大会公式サイトから応募できます。

オフライン予選は1次予選と2次予選に分かれており、

1次:3月14日(土)/3月15日(日)

2次:3月22日(日)

で実施される予定で、各日とも最大256チームまで参加することができます。

1次予選では各ブロックを優勝した8チームが2次予選に進出でき、さらに2次に進んだ計16チームの中から勝ち抜いた8チームが決勝トーナメントに進出できます。

また2次予選の様子は、Live配信もされる予定です。

エントリー(大会公式サイト)

決勝トーナメントは4月11日に東京で

オフライン決勝トーナメントは2020年4月11日(土)に東京・渋谷にある "ヨシモト∞ホール"で開催される予定で、予選を勝ち残った8チームが4月下旬に行われる決勝戦への出場権を巡って、激闘を展開します。

この決勝トーナメント準決勝を敗退した2チームは、3位としてそれぞれ40万円の賞金が贈られ、準々決勝を敗退した4チームには5位として、それぞれ20万円の賞金が贈与されます。

決勝トーナメントを勝ち残った上位チームは決勝戦に進出。

優勝1チームに賞金200万円

準優勝1チームに賞金100万円

が与えられます。

Twitterキャンペーンも開催

「League of Legends Spring Cup 2020」の開催を記念して、総額10万円分のAmazonギフト券が当たるTwitterキャンペーンが、2月28日(金)12:00まで開催されています。

当選人数は100名で、

① e-elements公式Twitterをフォロー

②上記公式twitterに投稿される、キャンペーンツイートをリツイート

することで応募できます。

イメージ



「League of Legends Spring Cup 2020」大会概要

大会名称:ANIMAX e-elements “League of Legends Spring Cup 2020”

主催:株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン

大会協力:吉本興業株式会社、株式会社プレイブレーン

WEB:「League of Legends Spring Cup 2020」公式サイト

SNS:「League of Legends Spring Cup 2020」公式Twitter

まとめ

マルチプレイヤーオンラインバトル"LoL"の大会「League of Legends Spring Cup 2020」が今年3月~4月に開催されます。

3月にはオンラインで1次予選と2次予選が行われ、4月11日にオフラインの決勝トーナメントが開かれます。

さらにトーナメントを勝ち抜いたチームは下旬に開催予定の決勝戦に進出でき、総額で500万円の賞金は決勝トーナメントと決勝戦を勝ち上がったチームに贈呈されます。

全国から猛者たちが集まってくるこの大会ではどんな熱戦が繰り広げられ、いったいどのチームが賞金を手にすることになるのでしょうか。

ソース:「League of Legends Spring Cup 2020」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう