コナミら主催の「eMAH-JONG 麻雀格闘倶楽部 プロトーナメント」22年に開幕!

株式会社コナミアミューズメントは、日本プロ麻雀連盟と共催するeスポーツ大会「eMAH-JONG 麻雀格闘倶楽部 プロトーナメント(イーマージャン マージャンファイトクラブ プロトーナメント)」の開催を発表しました。

開催は2022年が予定されており、出場するプロ雀士の選考が行われます。




eスポーツ×麻雀トーナメント22年に開幕

今回発表された「eMAH-JONG 麻雀格闘倶楽部 プロトーナメント」は、コナミアミューズメントと日本プロ麻雀連盟が共同で開催する、麻雀格闘倶楽部によるeスポーツ大会で、2022年の開幕が予定されています。

イメージ

公式サイト

出場プロ雀士を選考

今回のトーナメント開催にあたっては、日本国内の競技麻雀プロ団体の中で所属人数最大級の「日本プロ麻雀連盟」が認定する、麻雀格闘倶楽部のeスポーツプロ「eMAH-JONGプロ」の選考が行われ、

・書類審査

・実技試験

・面接

によって認定されます。

様々なジャンルのプレイヤーから選考された24名のeMAH-JONGプロに、日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士8名を加えた32名が出場し、激闘を繰り広げます。

報酬総額は1,000万円となっており、今後実施が予定されている複数回のトーナメントに分配され、それらはeMAH-JONGプロに支払われていきます。

イメージ

1回戦から決勝までを開催!eMAH-JONGプロには報酬も

本大会の1回戦はeMAH-JONGプロ32名が振り分けされ、その対戦の結果上位2名ずつが準々決勝に進出。

同じように

・準々決勝

・準決勝

が行われ、そこで決勝進出者が決定されます。

イメージ

勝ち進んだ4名の中から初代優勝者が決定され、出場したeMAH-JONGプロには報酬が支払われます。

この報酬総額は1,000万円となっており、今後実施が予定されている複数回のトーナメントに分配されます。

イメージ




麻雀格闘倶楽部とは

本大会を行う「麻雀格闘倶楽部」は、2002年にアミューズメント施設で稼働を開始した、日本プロ麻雀連盟公認のオンライン対戦型麻雀ゲームで、初心者から熟練雀士まで全てのプレイヤーが楽しむことができます。

アミューズメント施設の他にもモバイル・PCなどマルチプラットフォームで展開されており、プレイヤーのレベルに合った対戦相手とマッチングするため、初心者でも気軽に対戦することができます。

またプロ雀士が定期的にオンライン対戦に参加しており、マッチングするとプロ雀士本人との対局も楽しめます。

まとめ

コナミアミューズメントと日本プロ麻雀連盟が共同で開催する、麻雀格闘倶楽部によるeスポーツ大会「eMAH-JONG 麻雀格闘俱楽部 プロトーナメント」の開幕が、2022年に決定されています。

これにあたっては、麻雀格闘倶楽部のプロ「eMAH-JONGプロ」が認定され、彼らによるトーナメント大会が行われます。

本大会はいったいどんな展開になるのでしょうか。

今後の情報に注目が集まりそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう