「全日本eスポーツ実況王決定戦」10/23からスタート!エントリーは10/22まで

群馬県の全日本eスポーツ実況王決定戦実行委員会は、eスポーツシーンにおいてプレイヤーを引き立て、また観客を盛り上げる"eスポーツ実況者"の登竜門となる大会「全日本eスポーツ実況王決定戦」の開催を発表しました。

予選審査は2021年10月23日(土)~11月5日(金)に行われ、決勝は11月28日(日)にGメッセ群馬で無観客にて行われます。




「全日本eスポーツ実況王決定戦」10/23から開催

今回行われる「全日本eスポーツ実況王決定戦」は、その名のとおり大会などのeスポーツシーンを盛り上げる実況者・解説者の日本一を決める大会で、群馬県の全日本eスポーツ実況王決定戦実行委員会の主催・経済産業省と高崎市の後援で開催されます。

実況者たちが活躍できる場を広げるため決勝にはeスポーツ関係事業者が招かれるほか、

「実況者のプロを目指す者の登竜門」

「新しい人材の発掘の場」

「実況を楽しむプレイヤーのチャレンジの場」

など、国内のeスポーツ実況分野で欠かすことができない大会になることを目指しています。

イメージ

公式サイト

公式Twitter(@jikkyo_oh)

エントリーは10/22まで!予選はお題動画の提出

エントリーは公式サイトにて受付が開始されており、10月22日(金)23:59まで受け付けられています。

エントリー受付後は実行委員会から題材動画の提出フォームが送付されることになっており、そこに実況を付けた題材動画の提出をすることでエントリー完了になります。

参加できるのはプロ・アマ問わず15歳以上の人で、動画の実況は日本語での提出になります。

また予選でのお題は

「リーグ・オブ・レジェンド または VALORANT」から1本

「その他動画(eスポーツ以外)1本」

の計2本となっており、これらの実況動画は10月23日(土)~11月5日(金)の間に審査される予定になっています。




決勝は11/28にGメッセ群馬で!配信も実施

決勝は11月28日(日)にGメッセ群馬のメインホールで無観客での開催が予定されており、その様子はオンラインでライブ配信されます。

予選を突破した実況者たちは「リーグ・オブ・レジェンド」の実況を行い、その審査は

・岸大河さん(eスポーツキャスター)

・象先輩さん(eスポーツキャスター・「魚群」所属)

・岐部昌幸さん(放送作家)

・十束おとはさん(「フィロソフィーのダンス」メンバー)

・大友美有さん(eスポーツプレイヤー・タレント)

の5名が様々な視点から審査していきます。

さらに決勝大会MCは、

・平岩康佑さん(株式会社ODYSSEY代表)

・清川麗奈さん(ストリーマー)

の2名が担当します。

まとめ

日本一のeスポーツ実況者を決める大会「全日本eスポーツ実況王決定戦」が、今月23日より開始されます。

そのエントリーは22日まで受け付けられており、お題の実況動画を提出することで受付が完了します。

予選ではLoLなどの実況動画が審査され、それを突破した実況者たちは11月28日にGメッセ群馬で開催される決勝に挑みます。

実況者のプロへの登竜門となりえるこの大会で、いったいどんな実況者が誕生するのでしょうか。

プレイの解説が好きな人も得意な人も、ぜひ参加してみてください。

ソース:プレスリリース[@Press]

Twitterでフォローしよう