イメージ

株式会社QTnetは2021年3月25日(木)、福岡中央区の天神ロフトビル内に、新たにeスポーツスタジアムを開設し、今夏にオープンすることを発表しました。




福岡・天神にeスポーツスタジアムがオープン

今回福岡中央区の天神ロフトビル内に開設が発表されたeスポーツスタジアムは、eスポーツに身近に触れることができるeスポーツ総合施設で、2021年夏のオープンが予定されています。

延床面積約は610㎡と、西日本最大級のスペースを有しており、QTnet社の超高速・大容量のインターネット回線による、ストレスフリーなプレイ環境を体験することができます。

オープン後のスタジオアムでは、eスポーツのプレイはもちろん、eスポーツ大会の開催・配信や体験講座・交流イベントなどの開催が予定されており、プロから初心者まで全てのeスポーツプレイヤーが気軽に楽しむことができます。

イメージ

Sengoku Gamingの拠点へ

本スタジアムは、プロeスポーツチーム「Sengoku Gaming」のホームスタジアムとなっており、プロ選手との交流イベントなどを定期的に開催することが計画されており、九州のeスポーツファンが集う、eスポーツの聖地を目指しています。

イメージ

さらにQTnet社では現在、本コンセプトに賛同し、eスポーツビジネスを一緒に盛り上げていくパートナーを募集しています。

パートナー企業には

・広告

・サンプリング

・商品展示

など、効果的な販促・PRにつながる場所として本スタジアムを利用することができます。

QTnet社は本スタジアムを通して、eスポーツの普及・発展に貢献するとともに、世界で活躍するeスポーツプレイヤーを育成するなど、世界につながるスタジアムとして挑戦していきたい、としています。




Sengoku Gamingとは

「Sengoku Gaming」は、QTnet社のグループ会社である株式会社戦国が運営する、福岡を拠点として活動するプロeスポーツチームです。

PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグでは、2020年spring大会で準優勝を果たすなどの様々な実績を誇っており、2021年2月からは、eスポーツ界大注目のPUBGモバイルプロリーグ(NTTドコモ主催)に参戦しており、優勝を目指して奮闘しています。

まとめ

福岡の天神ロフトビルに、eスポーツスタジアムが開設され、今年夏にオープンが予定されています。

このスタジアムは西日本最大級の広さを持つ施設で、全てのeスポーツプレイヤーが快適にプレイできるような環境が整えられていきます。

またSengoku Gamingのホームスタジアムともなっており、様々なイベントも企画されています。

最近増加しつつあるeスポーツ部や団体の活動場所としても、利用されていきそうですね。

まさに"eスポーツの聖地"となりそうな施設です。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう