イメージ

一般社団法人日本eスポーツ連合は2020年3月13日(金)、経済産業省委託事業として開催した「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」の報告書を公開しました。

本報告書の詳細は、日本eスポーツ連合公式サイトで閲覧することができます。

JeSUがeスポーツ活性化に関する報告書を公開

今回公開された「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」の報告書は、日本eスポーツ連合(JeSU)が2019年9月~2020年2月にかけて、計5回実施した議論をまとめた報告書で、「日本のeスポーツの発展に向けて~更なる市場成長、社会的意義の観点から~」というサブタイトルで作成されています。

この検討会では

・周辺市場・産業への経済効果を含めた国内のeスポーツの市場規模の試算、海外主要国のeスポーツの発展の経緯等に関する調査・分析を行うこと

・eスポーツの社会的意義について国内の各種取組の現状、課題、今後の展望等を踏まえ整理・検討を行い、一定の示唆を得ること

の2点に取り組んで、eスポーツの健全な発展に資することを目的として行われています。

メンバーは

eスポーツに詳しい有識者

今後eスポーツの発展に伴って効果の波及が想定される産業領域の企業・団体等

の16名の委員で構成されています。

JeSUはこの検討会の事務局として会議を運営しており、"eスポーツを活性化させるための方策"について議論された結果をまとめています。

イメージ

eスポーツの経済効果と社会的意義

市場規模の目標や社会的意義について提言

報告書では、まず国内eスポーツの長期市場規模目標についてまとめられています。

検討会で討議された結果、直接市場の長期目標は2025年に600~700億円とされており、それ以降も市場規模を拡大させる余地があることが確認されています。

イメージ

また、エコシステム領域における経済活動や波及領域へ及ぼす経済効果を含めた全体の長期目標については、2025年に2,850~3,250億円とされています。

イメージ

なお「直接市場」とは、スポンサーやグッズなどの大会やチーム運営等による収入を指し、「エコシステム領域」とは観戦やイベント開催などの、イベント興行を中心としたビジネスを指しています。

その他「波及領域」とは、飲食サービスなどのイベントの集客力等を活用したビジネスを指しています。

報告書では、長期的な市場成長に向けた提言や社会的意義実現に向けた提言についてもまとめられています。

ここでは長期的な日本のeスポーツ市場の成長に向けた提言のまとめに加えて、スポーツ庁が「第2期スポーツ基本計画」で定義する「スポーツの価値」をフレームとして社会的意義の実現に向けた提言がまとめられています。

イメージ

長期的な日本のeスポーツ市場の成長に向けた提言

イメージ

社会的意義実現に向けた提言

イメージ

今後の検討事項などについても報告

本報告書の締めくくりとして議論の結果、

ゲームタイトル(IP:intellectual property)利用・許諾に関するガイドラインの必要性

共生社会や地方創生の実現に向けたeスポーツ情報を発信する拠点の整備

eスポーツの持つ教育的価値の探索とそれを支えるエビデンスの取得

の3つのキーワードを基軸にした、今後も検討していく事項・未来に向けたメッセージが整理されています。

報告書(JeSU公式サイト)

地方支部と連携したセミナーも開催

またJeSUでは、今年4月以降に地方支部と連携して、全国を巡回してのセミナーを順次開催する予定をしています。

これらの詳細は決定次第発表していくということです。

まとめ

日本eスポーツ連合が今回、経済産業省から委託されて実施している「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」の報告書を公開しました。

報告書には日本におけるeスポーツ市場の規模や社会的意義についてまとめられており、今後もそれらについて議論がなされていくことになっています。

近年国内でも急速に発展しているeスポーツ市場は、これからどう発展していくのでしょうか。

今後の動きに注目が集まります。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう