イメージ

⼀般社団法人超教育協会と一般社団法人日本eスポーツ連合は2020年5月29日(金)、eスポーツを通じた教育の機会を提供することを目的としたコミュニティ・連絡組織「eスポーツ超学校」を、共同で設置したことを発表しました。




「eスポーツ超学校」とは

「eスポーツ超学校」は、ITはじめとしたテクノロジーと教育に関する研究を行っている超教育協会と、日本eスポーツ連合(JeSU)が共同で運営する、eスポーツに関するコミュニティ組織で、オブザーバーには経済産業省と内閣府知的財産戦略推進事務局が就いています。

eスポーツは近年世界中で爆発的な広がりを見せており、JeSUが経済産業省の委託事業として運営した「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」が2020年3月に公開した報告書によると、今後の検討課題として「eスポーツの持つ教育的価値の探索とそれを支えるエビデンスの取得」を挙げ、eスポーツの社会的な意義について

「各学校や大学・専門学校等の教育関係者、教育分野に係る研究者、教育委員会を含めた関係行政機関など様々な者との連携協力を土台に、一丸となった活動を今後展開していく必要がある」

と提言されています。

「eスポーツ超学校」は、この提言を具体的な取り組みとして推進していくために設置されたものです。

イメージ

超教育協会とJeSUは「eスポーツ超学校」における取り組みを通じて、eスポーツ人材の育成を進めるとともに、eスポーツの授業への採用や部活動を促進し、eスポーツが持つ教育的価値の探索を進めていくとしています。

各学校のワーキンググループでeスポーツ教育へ

「eスポーツ超学校」では、eスポーツの教育への導入に関心を持つ大学や専門学校、高等専門学校、高等学校、中学校、小学校がコミュニティとしてのワーキンググループを形成し、

共同カリキュラムの作成・提供、修了認定

eスポーツの教育的効果に関するリサーチの実施、エビデンスの取得

クラブ活動の活性化に向けた活動

などが行われます。

ワーキンググループ

iU(情報経営イノベーション専門職大学)、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科、コードアカデミー高等学校、札幌新陽高校、仙台育英学園高等学校、中央大学 岡嶋研究室、デジタルハリウッド大学、日本電子専門学校、武蔵野大学附属千代田高等学院、ルネサンス高等学校、早稲田大学スポーツビジネス研究所(50音順)




eスポーツ業界の有識者もフェローとして参画

また、本組織にはフェローとしてeスポーツ業界の有識者が参画しており、共同カリキュラムの講師やワーキンググループの活動のアドバイサーに就任します。

今後の活動は、本取り組みに賛同できる学校やeスポーツ業界の有識者を募ると共に共同カリキュラムの作成を進め、今期中にトライアルの授業を実施する予定になっています。

フェロー(2020/5/29時点)

安生健一朗(インテル(株))、石川遼、遠藤徹也、大川孝行、大友真吾((株)CyberZ)、岡上哲也(キャスター)、小笠原修、影澤潤一、加藤貴弘(徳島県)、門澤清太((株)フジテレビジョン)、倉林亜希子、江夏義昭、小林大祐(日本テレビ放送網(株))、佐加一騎、堺谷陽平、杉澤竜也((株)マウスコンピューター)、高木智宏(西村あさひ法律事務所)、高橋義雄(筑波大学)、田中栄一(国立病院機構八雲病院)、谷口純也、谷本翔太、谷本雅章、田原尚展(C4 LAN)、佃昌道、ときど(ROHTO Z! プロゲーマー)、友利洋一(Pro esports team SCARZ)、豊田風佑((一社)Gaming Community Network)、西村滉兼、平井紳也、平松燿(東京有明医療大学附属鍼灸センター)、藤原克樹、古澤明仁((株)RIZeST)、松本順一(JCG)、松本祐輝(西村あさひ法律事務所)、山地康之((一社)コンピュータエンターテインメント協会)、山田浩嗣、山西和昌、吉本興業、live((株)RED ONE)(50音順、敬称略)

まとめ

今回、eスポーツに関するコミュニティ組織「eスポーツ超学校」が誕生しました。

この組織は大学や高校など各学校や機関が、eスポーツ人材の育成に取り組んでいくことを推進するために設置されたもので、JeSUと超教育協会が主催しています。

近年ますます規模が広がり、一大市場を築きあげているeスポーツは、これからどんな展開を遂げていくのでしょうか。

そんな未来のeスポーツ界を担う人材を育てていくことは、今の私たちの義務なのかもしれません。

ソース:「eスポーツ超学校」プレスリリース:[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう