イメージ

国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営する株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日の3社は、VRでeスポーツの観戦や体験ができる、eスポーツ専用のVR施設「V-RAGE」β版をオープンすることを発表しました。

「V-RAGE」β版では3月15日(日)に、「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」が観戦できます。



「V-RAGE」とは

イメージ

「V-RAGE(ブイレイジ)」はRAGEが運営するeスポーツ大会の観戦やイベント参加体験が、VR空間で可能になるeスポーツ専用施設で、クラスター社が提供するバーチャルイベントプラットフォーム上に存在します。

この施設の登場によって、これまでオフラインで開催してきたeスポーツ大会「RAGE」がVR空間で開催することも可能になり、ユーザーはスマホやPCからアクセスするだけで、eスポーツの観戦やイベントへの参加ができるようになります。

VRならではの演出がeスポーツに登場

本施設ではVR空間とはいえ、まるでRAGEの本会場にいるかのような臨場感でeスポーツを観戦することができます。

また会場内では

・試合の勝敗と連動してスタジアム内のカラーが変化

・会場内に花火が打ちあがる

などのVRならではの演出も施されており、ユーザーもスタジアム内では好きな位置に移動して観戦することが可能です。

イメージ

さらにVR空間上の施設なので、普段RAGE会場に行くのが難しい人でもネット環境さえあれば気軽に来場することが可能で、友人と一緒にチャットによる会話やコンテンツを楽しむこともできます。

イメージ

「RAGE Shadowverse 2020 Spring」が開催!連動したVRイベントも

昨今の新型コロナの影響で、3月15日に渋谷で開催予定だった「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」が会場を変更して無観客試合で行われることになりましたが、当日に「V-RAGE」で観戦することができます。

試合の様子は「OPENREC」と「YouTube」で生配信されます。

>>OPENREC

>>YouTube

また「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」と連動したVRイベントも開催される予定で、VR漫才とサブチャンネルのVR配信が行われます。

イメージ

17時15分からは、M-1グランプリ2019王者に輝いた「ミルクボーイ」によるVR漫才が実施されます。

このVR漫才では3Dモデル化されたミルクボーイの二人が、「V-RAGE」のために練ったオリジナルネタを披露します。

そして17時30分からは、Shadowverseのゲーム実況で人気のストリーマーの「もこう・つるおか(かものはし)」による、サブチャンネルのVR配信が行われます。

このVR配信では3Dモデル化された「もこう・つるおか(かものはし)」の二人が、お馴染みのサブチャンネルをVR空間内で行います。

大会日時

日時:2020年3月15日(日)

開場11:00開演12:00/終演22:00

ゲームタイトル:「Shadowverse」

>>イベントサイト

>>V-RAGE配信サイト



アクセス方法・対応デバイス

「V-RAGE」は、スマホやPC・VR専用機器でVRイベントプラットフォーム「cluster」にアクセスして楽しむことができます。

【スマホ版「cluster」】:AppStoreGooglePlay

【PC版「cluster」】:インストールページ

またVR専用機器での利用には、「cluster」のインストールに加えて「SteamVR」のインストールが必要です。

「cluster」インストールページ

「SteamVR」インストールページ

【対応VRデバイス】

Oculus Rift/Oculus Rift S/HTC VIVE/HTC VIVE Pro

推奨環境(clusterヘルプセンター)

「V-RAGE」リリースにあたって

今回の「V-RAGE」オープンにあたって、RAGE総合プロデューサーの大友真吾さんから、リリースの背景についてコメントが発表されています。

「RAGEは、日本発・新世代エンターテイメントをつくることをミッションとして全てのゲーマーが目指す憧れの舞台をつくること、感動・興奮・驚き・新たな体験を提供することをモットーに、イベント/大会/リーグの運営に尽力してまいりました。今後は、オフライン会場での観戦、オンライン配信での視聴、地上波での放送に加え、バーチャル空間で新たな体験を提供してまいります。

今後5Gの普及によって通信環境が大幅に整備され、様々な制約や条件が変化していく中で『V-RAGE』をeスポーツイベントの新たな形として取り組むことで、現実世界とバーチャル空間でのイベント連動によるファン・コミュニティの活性化や、VRならではの新たな観戦体験を実現していき日本のeスポーツの観戦文化を発展させられればと考えております。」

引用:「V-RAGE」プレスリリース

まとめ

VRイベントプラットフォーム「cluster」内に、eスポーツ専用の施設「V-RAGE」が登場しました。

この施設はVR空間でeスポーツの観戦やイベント体験ができるというもので、大会会場から遠く離れていて来場することが難しくても、ネット環境とデバイスさえあれば気軽に観戦することができます。

さらに会場はリアル会場さながらの臨場感に加え、VR空間ならではの演出も可能になっています。

これならば、昨今問題になっている新型コロナなどの影響も心配することなく観戦することができますね。

オープン後の大会第1弾として、3月15日に「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」が行われます。

連動したVRイベントも行われるとのことで、ベータ版とはいえ大変な盛り上がりになることが予想されます。

いずれリリースされるであろう正式版は、どんなものになるのか今から楽しみですね。

ソース:「V-RAGE」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう