イメージ

プロeスポーツチーム「サイクロプス」の運営をしているブロードメディアeスポーツ株式会社は、同チームとスポンサー契約を結んでいる株式会社オプテージとの共同で、競技レベルを問わずに一般のプレイヤーでも出場できるeスポーツオンライン大会の開催を発表しました。

この大会は全部で3回の開催が予定されており、第1回目は2020年12月19日(土)の開催が予定されています。




誰でも参加できるeスポーツ大会が開催へ!第1回は鉄拳

今回開催が発表されたeスポーツ大会は、ブロードメディアeスポーツ社とオプテージ社が共同で主催する大会で、

第1回は2020年12月19日(土)に

第2回は2021年1月30日(土)に

第3回は2021年3月20日(土)に

開催が予定されています。

採用タイトルは第1回が格闘ゲーム「鉄拳7」に決まっていますが、第2回目は事務局が人気ゲームタイトルを選定、また第3回目は人気投票でゲームタイトルが決定される予定になっています。

なお、これらの詳細などは、特設サイト内で随時発表されていきます。

イメージ

大会特設サイト

第1回は鉄拳を採用した大会

今年12月19日(土)に開催される第1回大会は、PS4の格闘ゲーム"鉄拳7"を採用した「鉄拳7 たぬカップオンライン」で、同タイトルの国際大会優勝経験もある、サイクロプス所属のたぬかな選手の冠大会となっています。

大会では最大256名ほどのプレイヤーが激闘を繰り広げ、上位8名には入賞者賞品として、

・1位:ONKYO製 ゲーミングヘッドセット SHIDO「001」

・2位:amazonギフト券 10,000円分

・3位:amazonギフト券 5,000円分

・4~8位:たぬかな選手直筆サイン入り オリジナルTシャツ

が贈呈されます。

また出場者のうち抽選で3名がたぬかな選手とのエキシビションマッチに挑戦できる特別イベントが実施されるほか、上位8名の対戦とエキシビションマッチの様子は、ライブ配信プラットフォーム「Mildom」で開催日当日の15:00から生配信される予定になっています。




12月1日までエントリー受付中

「鉄拳7 たぬカップオンライン」開催に先立ち、本大会出場者の応募受付が特設サイトで開始されています。

最大256名の出場者は抽選で決定されますが、オプテージ社が関西で提供しているインターネットサービス「eo光ネット」を新規で申し込んだ、または既に利用しているプレイヤーは優先的に当選確実になるということです。

サイクロプスとは

「CYCLOPS athlete gaming(サイクロプス・アスリート・ゲーミング)」は、大阪を活動拠点とするプロeスポーツチームで、2016年9月のチーム設立以来、国内外の数々の大会やイベントでの実績を誇っています。

格闘ゲーム部門では「ストリートファイターV」国際大会2連覇や、世界最大規模の対戦格闘ゲームトーナメント「EVO 2019」ドラゴンボールファイターズ部門での優勝などの輝かしい功績を持っています。

他にも「PUBG JAPAN SERIES WINTER INVITATIONAL 2019」では視聴者人気投票上位チームとして出場したり、「レインボーシックス シージ」部門は同ゲーム国内最大規模の大会「レインボーシックス Japan Championship 2020」で初代王者になるなど、全ての部門で高い結果を残しています。

イメージ

「CYCLOPS athlete gaming」公式サイト

まとめ

ブロードメディアeスポーツ社とオプテージ社が主催するオンラインeスポーツ大会が、今年12月~来年3月までの間に全3回開催されます。

その第1回目となる「鉄拳7 たぬカップオンライン」が12月19日に開催予定で、最大256名による激闘が繰り広げられます。

エントリーが12月1日まで受け付けられており、当日は全国から猛者たちが集まる熱い大会となりそうです。

出場者は抽選で選ばれるようなので、腕に自信のあるプレイヤーはぜひ早めにエントリーして挑戦してみてください。

ソース:「鉄拳7 たぬカップオンライン」プレスリリース[@Press]

Twitterでフォローしよう