「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE」主にオンラインで開催へ!

2021年10月16日と17日に開催が予定されている「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE」について、無観客・オンラインを主体とした形式で実施することが決定されました。

開催日程は変更ないことも発表されています。




「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE」開催形式変更

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE」は、三重県eスポーツ連合や日本eスポーツ連合・中日新聞社・三重テレビなど6団体から成る実行委員会が主催し、経済産業省と三重県・四日市市・鈴鹿市・三重県教育委員会が後援するeスポーツ大会で、今年10月16日と17日に開催が予定されています。

当初は"三重とこわか国体""三重とこわか大会"の文化プログラム事業として認定されていたものの、コロナ禍による国体の中止を受けて文化プログラム自体も中止が決定されています。

この中止決定を受けて、同大会は基本的に

・無観客

・オンライン

の形式に変更して開催されることになっています。

イメージ

jesu-mie.or.jp/より引用

四日市が配信拠点に

国体とその文化プログラム事業は中止になるものの、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE」は

・日本全国におけるeスポーツの振興

・開催地におけるeスポーツへの取り組み

を全国に発信することを目的に、今年もオンラインとして継続することが決まっており、大会全体の配信拠点は三重県四日市市として、各競技タイトルの試合形式を以下のように変更して実施が予定されています。

<eFootballウイニングイレブン>

試合形式:オンライン

【会場】

三重・岐阜・愛知代表選手:四日市市総合体育館

他都道府県代表:選手自宅など

<グランツーリスモSPORT>

試合形式:オンライン

【会場】

全都道府県代表:選手自宅など

<パズドラ>

試合形式:オンライン

【会場】

全都道府県代表:選手自宅近隣特設会場

<ぷよぷよeスポーツ>

試合形式:オンライン

【会場】

三重・岐阜・愛知代表選手:四日市市総合体育館

他都道府県代表:選手自宅など

<プロ野球スピリッツA>

試合形式:オンライン

【会場】

三重・岐阜・愛知代表選手:四日市市総合体育館

他都道府県代表:選手自宅など

<モンスターストライク>

モンストについてはオフラインが予定されており、会場は調整が続けられています。




出場選手も続々と決定

昨年に引き続きオンラインでの開催となる本大会の出場に向けて、各ブロックでは現在熱い予選大会が繰り広げられており、日本の頂点を目指す各都道府県の代表選手たちが続々と決定されています。

当日はeスポーツの特徴のひとつである「エリアレス」を活かして、オンラインで争われる全国47都道府県代表によるeスポーツの頂点をめぐる戦いに熱い視線が集まりそうです。

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2021 MIE」大会公式サイト

まとめ

今年10月に行われる「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE」が、大会日程を変更せずにオンラインを主体とした試合形式に変更して開催されることが決定されています。

この措置は「三重とこわか国体」「三重とこわか大会」と文化プログラム事業の中止を受けて決定されたもので、オンラインながらも全国47都道府県の代表選手たちが熱いバトルを繰り広げます。

各ブロック予選を勝ち抜いた猛者たちの活躍を、ぜひ配信で観戦してください。

参考:JeSU公式サイト

Twitterでフォローしよう