ARゲームで集中力を測定!「JeSU公認 全国統一eスポーツテスト」公開

eカルチャーをつくるクリエイターとファンをサポートするアンリミテッドパフォーマンスエナジー「ZONe」は2021年12月14日(火)、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)監修の下で「JeSU公認 全国統一eスポーツテスト2021 presented by ZONe」を公開しました。

スマホを使った簡単なゲームで、eスポーツ選手になる上でとても重要な「集中力」を測定することができます。




「JeSU公認 全国統一eスポーツテスト」公開

今回リリースされた「eスポーツテスト2021」は、2020年に公開されたJeSU公認の日本初ゲーム能力測定テスト「eスポーツテスト」の進化版で、スマホを使った簡単なARゲームで、eスポーツ選手になる上でとても重要な「集中力」を測定することができます。

監修は前回に続いてeスポーツ研究の第一人者である馬場章さんが担当しており、同時にストリートファイターV日本・サウジアラビアeスポーツマッチ日本代表のときど選手が出演する解説動画もYouTubeで公開されています。

イメージ

jesu.or.jp/より

公開ページ

開設動画

スマホでのカメラで集中力を測定

このテストではスマホのカメラに写ったプレイするときの自分の顔や手を動きによって、eスポーツ選手になる上でとても重要な要素である

・ゲームをするときの「集中力」

を計測します。

テストでプレイするゲームは、起動したカメラに投影された顔を動かして自機を操作し、敵に触れたらゲームオーバーという内容。

自機の向きを変えて攻撃を当てれば敵を撃ち落とすことができ、タップした方向に自機の向きを変えることもできます。

集中力が上がれば上がるほど画面内の「ZONe EYE」(自分の目)が大きくなり、ついには模様が濃くなるなど、自分の顔にかかっているARフィルターも覚醒していくようになっています。

イメージ

jesu.or.jp/より




全国ランクも分かる!結果画面をTwitterでシェア可能

またテストの結果は成績表として表示され、参加プレイヤーのうち上位何パーセントのスコアが出せたかで、全国ランク(E~S+)が決定されます。

この機能では全国のプレイヤーに対する自己の相対位置を知ることができ、全国のゲーマーの中で自身の集中力がどれくらいの位置にあるのかを把握・分析できます。

さらにプロフィルを登録することで、全国ランクだけでなく自分の居住する都道府県エリアでのランクも計測されるようになっていて、地域での相対的な位置を知ることができるほか、その結果画面の画像をTwitterでシェアすることもできます。

イメージ

jesu.or.jp/より

eスポーツ日本代表選手のハイスコアも公開!監修は馬場章さん

「eスポーツテスト2021」では、このテストをプレイしたeスポーツ日本代表選手たちのハイスコアもコメント付きで掲載しており、未来のeスポーツ選手を目指すプレイヤーの目標スコアとして参照できます。

イメージ

jesu.or.jp/より

またこのテストは前回の「eスポーツテスト」に続いて、eスポーツ研究の第一人者である

元東京大学大学院教授 馬場章さん

が監修しており、テストが簡単過ぎても難し過ぎてもゾーンに入れないため、制作チームで何度もプレイした上で飽きずに続けられるよう難易度を調整して開発されています。

敵も1種類ではなく、スピードが速い敵や自分に向かってくる敵・分裂して増える敵・撃ち落とさないと画面から消えない敵などたくさんの種類が用意されており、スコアが上がれば上がるほどゲームの難度も上がっていく仕様になっています。

集中力(ゾーン)とは

ここで言う「ゾーン」とは、集中力が非常に高まり、周りの景色や音などが意識の外に排除され、自分の感覚だけが研ぎ澄まされて活動に没頭できるような意識状態を指しており、この状態では取り組んでいることに没頭し、驚異的な集中力で予想以上の結果を出すことが可能になると考えられています。

まとめ

「JeSU公認 全国統一eスポーツテスト 2021presented by ZONe」が公開されています。

このテストはスマホの簡単なゲームでプレイヤーの集中力を測定することができ、全国ランクも公開されているため、eスポーツプレイヤーとして自分がどの位置にいるか分かるようになっています。

将来のeスポーツ選手を目指すプレイヤーは、ぜひ試してみてください。

参考:JeSU公式サイト

Twitterでフォローしよう