イメージ

ファミ通などのゲームメディアを展開する株式会社KADOKAWA Game Linkageは2020年2月13日(木)、2019年度の日本国内eスポーツ市場動向について、その市場規模と内訳を発表しました。

さらに2023年までの成長予測と、試合観戦者・動画視聴経験者を含むファン人数の推移も公開されています。



2019年の市場規模は前年比127%増の約60億円に

今回KADOKAWA Game Linkageがeスポーツ市場規模について調査し、その結果が発表されました。

報告によると、2019年の日本国内におけるeスポーツ市場規模は、前年比127%増の61.2億円となっています。

“eスポーツ元年”とも言われた2018年~19年にかけて大手企業の参入が相次いでおり、現在も市場の伸長がまだまだ続いています。

この結果を受けて2020年~23年までの年間平均成長率は約26%と予測されており、今年から

・高速・大容量化

・低遅延

・多数端末接続

が特徴の次世代モバイル通信「5G」も開始されることで、さらにeスポーツが活発化していくとされています。

また今後、家庭用ゲーム機やPC向けに出回っているeスポーツタイトルが、スマホなどのモバイル端末でも展開されることが見込まれており、今や人口の大多数がスマホを利用している日本国内では、さらにeスポーツ市場が拡大すると予測されています。

イメージ

kadokawagamelinkage.jp/より

2019年度市場の8割を占めるのは「スポンサー」

調査では2019年時点での国内eスポーツ市場収益項目別割合も公開されており、それによると全体の75.7%は

・チームや大会へのスポンサー料

・広告費

といった「スポンサー」が占めるという結果になっています。

このことから、eスポーツ大会の開催やプロゲーミングチームの発足が相次いでおり、それらに対してスポンサーシップを表明する企業が増加傾向にあることが分かります。

イメージ

kadokawagamelinkage.jp/より




eスポーツファンの人数は493万人に。23年までには1000万人突破と予測

日本における2019年のeスポーツ試合観戦者や・動画視聴経験者などのファン数は、前年比126%増の483万人と報告されており、新しく始まる「5G」技術による動画視聴の増加や大会数の増加が見込まれることで、今後さらにeスポーツファンが拡大していくと予想されています。

イメージ

kadokawagamelinkage.jp/より

※出典:KADOKAWA Game Linkage

まとめ

KADOKAWA Game Linkageが2019年度のeスポーツ市場規模を調査、2023年までの動向予測も併せて発表しました。

それによると市場規模やeスポーツファン数共に、100%以上増加の大幅な拡大が確認されています。

近頃いろんな業界の企業が次々と参入していますが、どれほどeスポーツが社会全体で注目されているかが分かりますね。

2020年に入ってもうすぐ2か月が経とうとしていますが、今年は実際にどこまで成長するのでしょうか。

今後の盛り上がりに目が離せません。

参考:KADOKAWA Game Linkage公式サイト

 

Twitterでフォローしよう