三重県での全国都道府県対抗eスポーツ選手権でパズドラを実施!エントリー受付中

2021年10月に開催が予定されている"三重とこわか国体・三重とこわか大会"の文化プログラムの一環として行われる「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE」で、JeSU認定eスポーツタイトル「パズドラ」の試合が行われます。

そのエントリーが、パズドラのゲーム内にて受付が開始されています。




全国都道府県対抗eスポーツ選手権でパズドラを実施

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」は、日本各地の予選を勝ち抜いた都道府県代表が集結するeスポーツの全国大会で、国体の文化プログラムとして2019年に茨城県で初めて開催されたのを皮切りに、2回目は昨年鹿児島県で開催され、第3回目となる今回は2021年10月に開催が予定されている"三重とこわか国体・三重とこわか大会"の文化プログラムの一環として、三重県で開催されます。

既に「ぷよぷよ」などの複数タイトルの採用が決まっており、各タイトルによる試合で47都道府県のeスポーツの頂点が決定します。

その競技タイトルの1つに、ガンホーのパズルRPG「パズル&ドラゴンズ」が決まっています。

イメージ

全国都道府県対抗eスポーツ選手権公式サイト

プロアマ問わず誰でも参加可能

今回開催されるパズドラ部門は、出身地や在住地などプレイヤー自身と縁のある全国47都道府県の代表として出場し、「パズドラ」日本No.1プレイヤーの座を目指す大会で、プロアマ問わずに誰でも参加することができます。

アマチュア選手の場合は、優勝すると「パズドラ」のプロライセンスの認定権利を獲得することができます。

全国予選は5月24日(月)から「パズドラ」ゲーム内のランキングダンジョンを使って行われ、

・三重県を除く46都道府県から上位2名ずつ

・開催地枠として三重県から上位8名

の合計100名がブロック代表予選へ進むことができます。

ブロック代表予選では、パズドラのバトル用アプリ「パズドラバトル」の対戦が使用され、開催地枠を含む全7ブロックより各2名ずつの計14名が選出されます。

この14名は、10月に三重県で開催される本戦への出場権を手にすることができ、そこで「パズドラバトル」の対戦を使用して、14名の中から優勝者が決定されます。




エントリー受付中

大会への参加には、「パズドラ」ゲーム内からの事前のエントリーが必要で、5月31日(月)10:00まで受け付けられています。

また本大会の詳細は、大会特設サイトで確認することができます。

まとめ

今年10月に開催される「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE」で、パズドラ部門が開催されます。

全国47都道府県の代表たちが集まり、ここでパズドラ日本No.1の座を競い合います。

各地域の予選は5月24日から開始が予定されており、そのエントリーも5月31日まで受け付けられています。

本大会ではいったいどんなプレイが披露されるのでしょうか。

プロの威厳を見せつけたいプロゲーマーや、「パズドラ」プロゲーマーのライセンス獲得を目指すプレイヤー・自身の力を試したいプレイヤーなど、ぜひチャレンジしてみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう