eスポーツの観戦や参加の傾向とは?クロス・マーケティング調べ

株式会社クロス・マーケティングが、2021年8月に全国15~69歳の男女2,195名を対象に行った「ゲームに関する調査」を基にして分野別にゲーム実態を分析し、その結果を公開しています。




クロスマーケティングが「ゲームに関する調査」結果を公開

マーケティングリサーチを手掛けるクロス・マーケティング社が今年8月に「ゲームに関する調査」を行い、その結果から分析した

・コンシューマゲーム

・スマホゲーム

などの分野別のゲーム実態を公開しています。

今回はeスポーツへの参加経験や観戦・視聴経験のほか、視聴頻度や視聴理由、今後の参加・視聴意向などを聞き取りしています。

この調査は全国47都道府県に在住の、コンシューマゲーム・スマホゲーム・アーケードゲーム・オフラインゲームのいずれか月1回以上プレイしているか、eスポーツを認知している15~69歳の男女2195人を対象にしており、今年8月6日(金)~9日(月)にインターネットリサーチにて実施されています。

イメージ

調査結果詳細

大会に参加したことがあるのはわずか2%

調査ではまず、「eスポーツの参加・視聴経験」について聴取しており、その結果「eスポーツの大会に参加したことがある」と回答しているのは全体でわずか2%程度という結果になっています。

他回答では

「eスポーツの大会やイベントを観戦・視聴したことはあるが、参加したことはない」8%

となっており、参加・視聴経験を合わせると10%という数字になっていて、特に男性10~30代の参加・視聴経験は2割前後と他世代に比べ高いことが分かっています。

またeスポーツが行われているゲームジャンルごとの認知や観戦・視聴経験などでは、eスポーツとして認知しているゲームジャンルが

「パズルゲーム」45%

「格闘ゲーム」39%

「スポーツゲーム」30%

とTOP3を占めており、他ジャンルの認知は2割にも満たないという結果になっています。

さらに観戦・視聴したことのある大会は

「格闘ゲーム」

「FPS(ファーストパーソンシューティング)」

「パズルゲーム」

などが挙げられており、参加したことのある大会では

「FPS」

「デジタルカードゲーム」

「MOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)」

が多くを占めています。

イメージ

クロス・マーケティング調べ

eスポーツの視聴頻度と理由は?

調査では次に、eスポーツの大会やイベントを視聴している207人に視聴頻度を確認しており、その結果

「毎日」6%

「2~3日に1回」9%

「週に1回」15%

と、合わせて週1回以上の視聴者は29%になっていて、男性では20代・30代の視聴頻度がやや高い傾向になっています。

視聴する理由では

「ゲーム展開が面白い」31%

「ひまつぶし」30%

「自分も同じゲームをやっている」21%

「eスポーツが好きだから」20%

となっており、男性20代では「好きな(応援している)チーム、プレイヤーがある」が33%という結果になっています。

イメージ

クロス・マーケティング調べ




今後の視聴・参加意向は?

調査の最後では、対象のユーザーが今後視聴・参加したい大会やイベントのジャンルを聞き取りしています。

その結果「スポーツゲーム」が男性10代で視聴・参加意向がともに高く出ており、視聴意向5番手の「MOBA」の参加意向は2番手にあがっています。

「デジタルカードゲーム」

「MOBA」

の視聴意向は他の世代に比べて高めの傾向になっており、男性20代と30代では視聴・参加意向ともに「格闘ゲーム」がトップになっています。

イメージ

クロス・マーケティング調べ

まとめ

マーケティングリサーチを手掛けるクロス・マーケティング社が今回、ゲームに関する調査を行い、その結果を公開しています。

調査は2021年8月に行われたもので、eスポーツの観戦や参加は男性10~30代がメイン、視聴したいジャンルは「格闘」「FPS」「スポーツ」が主であることが分かっています。

様々なジャンルで大会などが行われていますが、これらのジャンルではますますの盛り上がりが予想されそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう