イメージ

ローランド株式会社は2020年1月28日(火)、小型軽量・ポータブルなHDビデオ・スイッチャー「V-8HD」を、2020年1月31日(金)に発売することを発表しました。

「V-8HD」は、コンサートやeスポーツなどのライブ・イベントにおいて、複数の映像ソースを使った動画制作や配信を行うものです。

「V-8HD」とは?

イメージ

1月31日に発売される「V-8HD」は、コンサートや企業のプレゼンテーション・eスポーツなどのライブやイベントで、複数の映像ソースを使った動画制作や配信を行うことができる、小型軽量でポータブルなHDビデオ・スイッチャーです。

・8つのHDMI入力

・4.3インチの液晶モニター

が搭載されているオールインワン・モデルです。

多彩な機能でクリエイティブな動画が制作・配信可能

イメージ

「V-8HD」には8つのHDMI入力端子と3つのHDMI出力端子が装備されており、複数の映像と本体内部に保存した静止画を合成した動画を制作することができます。

1つの画面には最大5つの映像を合成することが可能で、さらに子画面やタイトルを入れたり映像エフェクトを加えることで、視覚効果の高い動画を即座に制作することができます。

映像の合成や切り替えもこれ1つ

イメージ

「V-8HD」は映像の切り替えや合成も1台で行うことが可能なオールインワン設計になっており、

・入力・出力されている映像を表示できる液晶モニター

・映像エフェクト

・音声ミキサー

も内蔵されています。

機器接続がシンプルに!軽量でコンパクトなサイズ

PCやスマホ・ゲーム機器など解像度の異なる映像を入力しても特別な機材が必要なく、解像度を揃えて出力することも可能です。

このため現場での機材接続がシンプルになり、セットアップの時間を大幅に削減することができます。

また本体はA4程度のコンパクトなサイズで、重量は2.0kgと軽量。

持ち運びがラクにできるために、あらゆる場所で使用することができます。

6つの特徴でイベントを簡単運営

「V-8HD」には6つの特徴があります。

映像合成や多彩なエフェクトでクリエイティブな動画を作成

「V-8HD」には、8チャンネルのHDMI入力端子が搭載されており、6つのHDMI入力をシームレスに合成することが可能です。

異なるフレームレートやカラースペースの映像でも入力することができ、複数の映像を使った演出を簡単に行えます。

また2つのHDMI入力にはスケーラーが内蔵されており、PCやスマホ・ゲーム機器などの異なる解像度の機器を接続した時でも、最適な解像度にあわせて拡大・縮小することが可能です。

イメージ

さらに1画面には最大5つの映像を合成することが可能で、

メイン映像とプリセット映像の切り替え

ピクチャー・イン・ピクチャーなどで映像を合成

タイトルや文字を入れる

ことができます。

映像の色調や形を変化させることができる多彩な映像エフェクトも搭載されているので、視覚効果の高い映像を作って流すことができます。

イメージ

内臓のマルチビュー・モニターでスムーズな操作を実現

「V-8HD」はコンパクトでありながら4.3インチのマルチビュー・モニターも搭載されており、1つの画面に複数の映像や静止画・タイトルなどを表示することができます。

このため別のディスプレイが必要なく、作業スペースのない現場でもスムーズに操作することができます。

また

メイン映像

次に出す映像

入力映像や本体に保存した静止画

音声レベル

を一目で管理することも可能です。

イメージ

持ち運びも簡単な軽量・コンパクトサイズ

本体の重量は2.0kgでA4サイズ程度のコンパクト・サイズなため、現場に簡単に持ち運んだり省スペースで設置することができます。

また外部バッテリーにも対応しており、ACアダプターが使えない場所でも使用可能です。

イメージ

映像の自動切り替えや足元操作も可能

映像を自動で切り替えるオート・スイッチング機能には3つの切り替えモードが搭載されており、1人でも複数のカメラ映像を扱いながら、映像やエフェクトの切り替えなどのオペレーションが可能です。

さらに別売でフットスイッチも用意されており、多様な機能を足元で操作することができます。

イメージ

専用リモコン・アプリを使って素早い操作も可能

今年2月上旬には専用のiPadリモコン・アプリ「V-8HD Remote」の公開が予定されており、これを使えばiPadから本製品をコントロールすることが可能になります。

映像の切り替え

音声のミックス

プリセットのカスタマイズ

がアプリ上で操作できます。

イメージ

HDMI機器と連携してより便利に

「V-8HD」に対応する外部機器と、HDMIケーブルだけで連携できる「RECステータス/RECコントロール機能」も搭載されています。

例えば、ATOMOS社製モニター一体型レコーダーと接続すると「V-8HD」からレコーダーの録画開始・停止をコントロールできます。

また対応するカメラやデジタル一眼レフを「V-8HD」に入力すると、カメラ側で録画中のステータスがマルチビュー・モニター上に表示され、録画操作忘れなどを防ぐことができます。

イメージ

製品概要

品名/品番:HDビデオ・スイッチャー 『V-8HD』

価格:オープン価格

発売日:2020年1月31日(金)

初年度販売台数(国内/海外計):3,000台

外形寸法:317(幅)×193(奥行)×70(高さ)mm

まとめ

コンサートやeスポーツなどのライブ・イベントで、複数の映像ソースを使った動画制作や配信が行うことができるHDビデオ・スイッチャー「V-8HD」が、今月31日に発売されます。

この製品は複数のHDMI入力・出力端子や4.3インチの液晶モニターが内蔵されていながら、小型軽量で持ち運びしやすくどんな会場でも使うことができます。

ライブやイベントでは、複数のカメラを使って映像をリアルタイムで簡単に合成/加工したり、映像を効果的に使って演出することが求められる昨今。

本製品みたいに1台で、かつシンプルな設置方法で使える機器があると会場運営が楽になりますね。

ライブ配信を行いたい映像制作プロダクションや配信会社の方には必須なものになりそうです。

ソース:「V-8HD」プレスリリース[@Press]

Twitterでフォローしよう