「FFL GLOBAL CHALLENGE 2021」11月から開幕!エントリーも受付中

株式会社Fennelは、日本のeスポーツチームが世界で活躍する場を創出することを目的とした大会「FFL GLOBAL CHALLENGE 2021」を、2021年11月~2022年2月の間に開催することを発表しました。

本大会では、国内予選を勝ち抜いた上位3チームがアメリカへ渡って現地の強豪チームと戦うほか、その予選エントリーも専用フォームにて受け付けられています。




「FFL GLOBAL CHALLENGE 2021」11月から開幕

今回開催が発表された「FFL GLOBAL CHALLENGE(FFL GC)2021」は、eスポーツチームや大会の運営を行っているFennel社が主催するオンライン大会で、今年11月13日から始まり、来年・2022年2月6日までの間に開催されます。

参加するのは

・エントリーした日本国内チーム

・招待されたNorth America(NA)の強豪チーム

で、FPSゲームの"Apex Legends"で白熱した戦いを繰り広げます。

イメージ

FENNELオフィシャル「FFL GC」ページ

世界進出への足掛かりへ

本大会は、"Apex Legends"アジアサーバーにおける、約半年をかけて決勝出場チームを決めるロングスパンの大会となっていて、まず日本チームを対象としたオンライン予選が開催されます。

この予選を通過した日本代表3チームが"Apex Legends"の世界的強豪チームが集うアメリカ合衆国北米地域(North America)のニューヨーク州に渡航し、eスポーツファンなら誰もが知る世界の有名チームと戦います。

Apex Legendsではゲーム内のサーバーの都合上、サーバーをまたいだ世界規模のオンライン大会の開催事例はなく、今回が異なるサーバー・地域の選手が戦う世界初の試みとなっています。




予選エントリー受付中!全試合オンラインで

日本国内での予選大会は

・一次予選

・二次予選

・最終予選

が実施される予定で、そのエントリーが専用のエントリーフォームにて受け付けられています。

一次予選は11月13日と14日に、二次予選は12月11日と12日に行われ、12月25日と26日に行われる最終予選で日本代表となる3チームが決定されます。

日本代表となったチームはその後渡米し、2022年2月5日と6日にニューヨークで行われる決勝で、現地の強豪チームと戦います。

なお、全ての試合はオンライン形式になっており、決勝に参加するNA招待チームもオンラインで出場します。

イメージ

まとめ

Apex Legendsの大会「FFL GLOBAL CHALLENGE 2021」が、今年11月~来年2月の間に開催されます。

この大会では、エントリーした国内チームたちが予選を戦い、勝ち抜いた3チームが渡米し、現地の強豪チームとバトルします。

まずは国内予選でどんなチームが登場し、どんなバトルを展開するのでしょうか。

今後の情報に注目です。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう