Gameicが「EventPark」を提供開始!大会開催から収益化までワンストップ

全日本青少年eスポーツ協会 / Gameicが、大会の収益化や大会実績の記録・評価などを行うシステム「EventPark(イベントパーク)」をリリースしています。




Gameicが「EventPark」を提供開始

今回提供開始された「EventPark」は、eスポーツ大会開催から収益化までをワンストップで実現する、eスポーツプレイヤー向けの新しいプラットフォームで、

・開催したeスポーツ大会を公式に記録

・マイページで実績を管理

という機能を有しています。

イメージ

ここでは、大会を開催して終わりというだけではなく、Gameic独自のシステムにより公式に記録をすることで、実績として活用することが可能になっています。

また公式で記録した大会実績は、EventParkのマイページで随時確認することも可能で、グラフや画像により、大会実績が一目でわかるレイアウトとなっています。

さらにマイページでは、イベントの登録から大会の収益化までをワンストップで行なうことができます。

イメージ

EventPark登録(Gameic公式サイト)

大会結果を元に収益額を決定

EventParkでの収益化システムでは、審査を通過した大会が大会関連のインプレッション総数に応じた収益を受け取れるようになっており、大会開催後にマイページ「大会の完了報告」より大会結果を報告後、報告された大会結果をもとに収益額が決定されます。

EventPark収益化大会の条件は、「EventParkロゴ」「EventParkパートナー企業のロゴ」が掲載されている大会クリエイティブが添付されているツイートとなっており、新規大会主催者の場合は「Dランク」から始まり、一般大会としての開催となります。

またイベント申請された大会については、Gameic公式HPでの大会情報の掲載や、Gameic公式Twitter・ニュースリリースなどにも掲載され、マイページ内の「素材をダウンロード」からEventParkにて開催された過去大会のクリエイティブをダウンロードすることもできるようになっています。

イメージ

なお収益化はCランク以上の大会が対象になっていて、各ランクに応じて対象ツイートの総インプレッション数における収益総額も変動する仕組みになっています。

<DランクからCランクへランクアップする条件>

・規定の大会開催数の達成(大会報告の完了をもって1大会とカウント)

・大会報告を受けた各大会の参加人数・拡散力を含めた結果の規定の達成




登録から収益の受け取りまで5ステップ

EventParkでは、登録から収益の受け取りまで、

・Event登録

・イベント申請

・大会開催

・大会報告

・収益受け取り(収益化大会のみ)

の5ステップで完了します。

イメージ

まとめ

Gameicが今回、大会開催から収益化までをワンストップで実現する新しいプラットフォーム「EventPark」を提供開始しました。

ここではすべての主催者と参加者がeスポーツに集中できる環境を提供しており、今後ますますアマチュア大会の活性化が見込まれそうです。

ぜひ利用してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう