ゲームレビューを参考にしているゲーマーは?ゲームエイジ総研調べ

ゲーマーに関する様々な調査をしている株式会社ゲームエイジ総研が今回、どれほどのゲーマー達がゲームレビューを参考にしているのかを調査し、その結果を公開しています。

その結果、ゲームレビューを参考にしているゲーマーは38.5%で、約9割がスコアだけでなくレビュー本文を読んでいることが分かっています。




ゲームレビューを参考にしているゲーマーを調査

近年は無料で遊べるゲームの配信が増えてきているものの、いざ購入するとなるとまだまだ一定の出費が伴うものが多く、ゲームを選ぶのも慎重になるという現状があります。

そんなときに参考にされることが多いのが、ネットや雑誌などいろんなメディアで見られる"ゲームレビュー"で、今回は世のゲーマーたちはどんなレビューの使い方をしているのかを、ゲームエイジ総研が調査しています。

この調査は2022年4月に行われたもので、全国の何らかのゲームをプレイしている10代~50代の男女3,090人を対象にしており、インターネット調査にて実施されています。

参考にしているのはゲーマーの38.5%

調査によると、ゲーム購入時にレビューを参考にするかの設問では、38.5%のゲーマーが

なんらかのレビューを参考にする」

と回答しています。

多くの人にとってゲームは、いまだに安い買い物ではなく、また一定のプレイ時間を費やす必要があることから、ゲームを購入する前に情報を仕入れてじっくりと検討するというゲーマーが一定数存在しているようです。

イメージ

続いてどのレビューを参考にするかを尋ねており、その結果51.3%と半数以上のゲーマーが

「Amazon」

と回答しています。

Amazonでは購入ページにレビューが掲載されているため、購入者のレビューをチェックした後にそのまま購入できる動線ができあがっており、その利便性が多くのゲーマーに活用されているようです。

次いで

「YouTubeなどの動画サイト」

が43.9%と高い利用率を誇っており、YouTubeには多数の人気ゲームレビュアーが存在していて、それぞれのゲームテクニックや見せ場の紹介も配信されていることが多いです。

これにより実際のプレイ画面や解説を見ながらゲームをレビューできるため、その点がゲーマーに受け入れられていると予想されています。

一方で、ゲームメディアのレビューを参考にするゲーマーは相対的に少なくなっており、利用率が最も高かった「ファミ通.com」でも11.4%という回答になっています。

その一因は、評価検討からゲーム購入に至るEC機能がないということも考えられ、それよりもゲーム購入のために参考にするのは、

「お気に入りYouTuber」

「Twitterのフォロワー」

「親しい友人の口コミ」

といった、親密性の高い距離感を持つ相手のレビューが一番多いということも考えられています。

イメージ

スコアと本文をチェックするゲーマーが半数以上

その参考にするレビューを見るポイントも調査で訪ねており、スコアと本文のどちらをチェックするかでは、

「スコアと本文の両方をチェックする」

と答えたゲーマーが51.3%と過半数を占めています。

レビュー本文のみをチェックするゲーマーは38.3%となっており、合計すると89.6%のゲーマーがスコアを確認するだけでなく、本文を読み込んでいることが分かっています。

ここからは、9割近くのゲーマーがレビュー本文をじっくりチェックして購入するゲームを選んでいるか、ゲームレビュー自体を1つのコンテンツとして楽しんでいる様子が浮かび上がってきます。

イメージ




レビュアーを意識しているゲーマーは34.0%

調査の締めくくりには、レビューをチェックする際に「誰がレビューしているか」を意識しているかを尋ねており、その結果

「意識して見ている」

と答えたゲーマーは34.0%という結果になっています。

ゲームレビューでは同一人物が複数のタイトルをレビューすることも少なくなく、自分の好みのゲームを取り上げてレビューするレビュアーや、独自の視点を持ったレビュアーなど多岐にわたっているため、一概にレビューを参考にするといっても、信頼できるレビュアーを見つけてゲーム購入に役立てているということが分かっています。

イメージ

※ゲームエイジ総研調べ

まとめ

ゲームエイジ総研が今回、巷に溢れているゲームレビューを、どれくらいのゲーマーが参考にしているかを調査し、その結果を公開しました。

それによると、ゲームレビューを参考にするゲーマーは38.5%で、約9割がスコアだけでなくレビュー本文を読んでいることが分かっています。

まだまだ購入にお金がかかるタイトルもありますが、信頼できるレビュアーの意見をチェックして、少しでも楽しく、また永くプレイしたいというゲーマーが多いことが分かる結果ですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう