ゲーマーのSNSや投稿サイトの利用状況とは?ゲームエイジ総研調べ

ゲーマーたちの様々な実態を調査しているゲームエイジ総研が、昨今のゲーマーがどのようにSNSや投稿サイトを活用しているかを調査し、その結果を公開しています。

その結果、SNSや投稿サイトを利用しているのは8割以上で、ゲーム情報だけでなく何気ない日常の出来事を気軽に発信しているゲーマーもいることが分かっています。




ゲーマーのSNSや投稿サイトの利用状況を調査

ゲームタイトルの話題やレビューなど、様々な情報を発信したり見ることができるSNSが身近になっている現代。

そんな世の中にあってゲームエイジ総研が今回、世のゲーマーたちはどのようにしてSNSや投稿サイトを活用しているのか、その利用状況を調査して結果を公開しています。

今回の調査は2022年10月にインターネット調査で行われており、全国の15~49歳の性別を問わない、何らかのゲームをプレイしている2,643人を対象に実施されています。

利用者は8割以上であるものの発信・投稿は3割未満

調査ではまず、ゲーマーに利用しているSNSや投稿サイトがあるかどうかを尋ねるところから始まっています。

その結果、80.2%が利用していると回答しており、一方で自ら発信・投稿を行うかどうかでは、発信・投稿するとの回答は29.2%に留まっています。

ここから、ゲーマーの約8割程度がSNSや投稿サイトを利用しているものの、発信・投稿しているのは3割程度と少数派であることが分かっています。

イメージ

これを年代別で見てみると、利用が最も高いのは20代で91.1%となり、続いて10代と30代は8割以上となっています。

発信・投稿も同様に、20代や10代30代は高い傾向を示していて、特に20代は51.4%と、半数以上のゲーマーが何らかの発信・投稿をしていることが見受けられており、この結果から、利用については年代でそれほど大きな差は見られないものの、発信・投稿するのは20代が非常に多いということが分かっています。

イメージ

20代はTwitterやInstagram」、10代はTikTokを多く利用

調査では次に、どのようなSNSや投稿サイトを利用しているかを尋ねており、その結果最も利用が多いのは「YouTube」の69.9%で、「Twitter」は44.8%が利用しているという結果が出ています。

年代別では「YouTube」がどの年代でも利用率が高かったものの、20代は他の年代よりも「Twitter」「Instagram」の利用が高く10代は「TikTok」の利用率が高い結果という結果になっています。

またSNSで投稿されている情報をきっかけに、何らかの購入やアクションにつながったかどうかでは、

「ゲームソフトの購入の一部がSNSの情報がきっかけとなった」(女性/10代)

「ゲーム実況者が実況したゲームを購入した」(女性/20代)

など、ゲームの購入につながったという意見のほか、

「コスメや洋服のブランドの公式のインスタアカウントの投稿を見て、そのまま購入ページに飛んで購入した」(女性/20代)

「コンビニスイーツや飲食店のスイーツなど、食レポの投稿を見て買いに行ったり食べに行ったりした」(女性/30代)

などのように、投稿を通じてゲームに限らず様々な情報をキャッチし、特に多くの女性が購入やアクションに繋げていることが分かっています。

イメージ

TwitterやInstagramでは何気ない出来事を発信・投稿

発信・投稿するSNSや投稿サイトの種別では、「Twitter」が59.5%と半数以上を占めており、次いで「Instagram」が46.9%という結果になっています。

その内「Twitter」は20~40代、「Instagram」は10~20代で発信・投稿が多く見られており、「Facebook」については40~50代での発信・投稿が多い傾向が見られています。

「YouTube」では利用が多かったものの、発信・投稿は11.7%と低い結果になっています。

イメージ

さらにどのような頻度で発信・投稿しているのかでは、1日に1回以上発信・投稿しているのは44.3%週に1回以上で31.9%という結果になっており、7割以上が週に1回以上は発信・投稿していることが分かっています。

どのような内容を発信・投稿しているのかでは、「ライフスタイル関連情報」や「飲食関連情報」「エンタメ関連情報」などが、「ゲーム関連情報」16.5%よりも高いという結果になっていて、決まった情報をしっかりと発信・投稿するよりも、今日あった何気ない出来事や、誰にでも身近な飲食の話題などを気軽に発信・投稿しているゲーマーもいることが分かっています。

イメージ

※ゲームエイジ総研調べ

まとめ

ゲームエイジ総研が今回、ゲーマー達のSNSや投稿サイトの利用状況を調査し、その結果を公開しています。

ここから8割以上のゲーマーが利用はしているのの、発信・投稿は約3割という結果になっています。

筆者もよくソシャゲの攻略情報を得るためにTwitterやYoutubeを見ていますが、今や身近なツールになっているだけに今後も利用するゲーマーが増えるかもしれませんね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]