イメージ

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会が、日本ゲーム大賞2021「U18部門」のエントリー受付を、2021年3月31日(水)まで行っています。

本コンテストの応募者全員へは、参加証としてステッカーなどがプレゼントされます。




日本ゲーム大賞2021「U18部門」とは

日本ゲーム大賞2021「U18部門」は、次世代を担うゲームクリエイター発掘を目的とした、18歳以下を対象としたゲーム制作コンテストで、2021年度となる今回は1次審査の4月から決勝大会の9月まで行われる予定です。

第3回目の開催となった2020年度では、コロナ禍でありながらも全国から多数のエントリーが寄せられ、1次審査・予選大会を経て、9月の"東京ゲームショウ2020オンライン"期間中に実施された、決勝大会での最終プレゼンテーション審査にて各賞が決定・発表されました。

イメージ

2020年度からはプログラミング教育が必修化されるなど、これまで以上にゲーム制作を行う環境が整った上で18歳以下の若い世代の才能に一層の注目が集まるなか、本賞を通して次世代の人材育成と今後のさらなる産業の振興が期待されています。

また今回は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、予選大会と決勝大会は全てオンラインでの開催が予定されています。

エントリー受付中!自由な発想・独創性溢れるゲームを募集へ

2021年1月現在、公式サイトにてエントリーが受け付けられており、2月1日(月)13時から始まる作品応募の受付と合わせて3月31日(水)20時に受付が締め切られます。

応募できるのは2003年4月2日以降に生まれた日本国内在住者のみで、応募作品数の制限はなく、グループでの応募の場合は最大5名まで参加可能です。

グループの構成員全員が同じ学校・組織に所属している必要はないということですが、予選と決勝でのプレゼンテーション発表に参加できる人数は最大3名までとなっています。

応募作品テーマは指定されておらず、

・自由な発想

・独創性溢れる

ゲーム作品が求められています。

また応募作品は単体で実行できる実行環境に限られており、

・.exeやHTML5などWindows、MacまたはWebブラウザ上で動くもの

・.apkなどスマートフォンにインストールして動くもの

・.sb3などScratch3.0オンラインエディタ上で動くもの

が対象になっています。

作品の応募は、応募作品データ・応募作品のプレイ映像データ・応募者情報・作品紹介コメント・操作方法などを、指定のWebフォームからアップロードすることで応募できます。

またプレイ映像データは、作品の特徴がわかる90秒程度の動画ファイルということが決められています。

応募に関する注意事項




4月には1次審査が、6~9月にはオンラインでプレゼン

本コンテストでは1次審査が4月に予定されており、6月には予選が、9月には決勝がオンラインで開催されます。

1次審査ではプレイ映像の視聴と作品紹介コメントを基に審査が行われ、予選大会に進出する作品が決められます。

そして予選では、作品の試遊審査と応募者のプレゼンテーションにより決勝大会へ進出する作品が選定され、決勝進出作品は予選での審査員のアドバイスを参考にして作品をブラッシュアップする期間が設けられます。

ブラッシュアップされた作品は、試遊審査と決勝でのプレゼンテーション審査によって総合評価され、これをもって各賞の決定・発表がされます。

また審査では、以下の点を中心に評価が下されます。

<作品審査>

作品点:ゲーム、娯楽作品、娯楽としての面白さ

独創性:独創性、新規性、目新しさ、驚き

構成力:実装上の様々な工夫や発明の、無理の無い実装

技術点:プログラム、アート、サウンドなど技術的な完成度

<プレゼンテーション審査>

構成:ストーリー構成

資料:資料の完成度と工夫

話し方・動作:プレゼンテーションスキル

受賞作品には賞金も

コンテストの最終審査結果は、決勝大会当日に確定する予定になっており、金賞には副賞として20万円が、銀賞には副賞として10万円が、銅賞には副賞として5万円が贈呈されます。

なお、コンテストに対する一般からの問い合わせは、「日本ゲーム大賞」U18部門 運営事務局(Tel:03-5298-5765 Fax:03-5298-5564 E-mail:u18@cesa.or.jp)にて受け付けられています。

まとめ

日本ゲーム大賞2021「U18部門」へのエントリーが、2021年3月31日まで受け付けられています。

このコンテストでは、自由な発想と独創性溢れるゲーム作品が求められており、2月1日~3月31日まで応募が受け付けられます。

去年のTGSで発表された同コンテスト作品はどれも素晴らしいものでしたが、今年はどんな作品がエントリーするのでしょうか。

作品が発表される9月に注目が集まりそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう