世界初!モバイルeスポーツプラットフォーム「Game.tv」が日本に上陸

米・BlueStack Systems, Inc. は2019年11月21日(木)に、モバイル向けeスポーツプラットフォーム「Game.tv」を日本でリリースすることを発表しました。

「Game.tv」では、リリース記念のキャンペーンやスペシャル企画が用意されています。

また今回のeスポーツ事業に参入にあたって、米・Intel Capitalから$25,000,000(米国ドル)の資金調達を行ったうえに、日本国内の携帯電話販売代理店である株式会社ティーガイアからも出資を受けたことも公開されています。

「Game.tv」とは?

「Game.tv」は、米国で開発されたモバイル向けeスポーツプラットフォームです。

AndroidゲームをPCの大画面でプレイすることが可能になるゲームプラットフォーム「BlueStacks」を運営しているBlueStack Systems,Inc.によって運営されており、世界中で開催されるコミュニティ大会へ参加することを簡単にしています。

イメージ

AIとSNS連携でeスポーツ大会運営も可能に

「Game.tv」はAI機能を搭載しており、またSNSとの連携によってシームレスな大会運営を可能とすることで、大会の主催も簡単にすることができます。

大きな特徴であるAI機能では、AIボットである"Tourney"が既存のコミュニティにプラグインされるようになっており、大会運営をアシストしてくれます。

このAI機能について、BlueStacks社CEOのRosen Sharmaさんは

「今日のeスポーツをビジネスとして見た場合、スポンサー企業が付くような大きな公式大会等でなければ収益化することは非常に困難です。『Game.tv』のAI機能を活用することにより、大会運営に伴う手間やコストを大幅に削減し、一般ユーザーでも大規模なコミュニティ大会が実現可能となります。」

引用:「Game.tv」プレスリリース

と語っています。

イメージ

「Game.tv」のもう1つの特徴である"SNS連携"では、ゲーム関連のコミュニティが多く存在する

Discord

Twitter

と連携することによって、これらののコミュニティからのシームレスな大会運営を実現しています。

「Game.tv」のウェブアプリにSNSアカウントでログインして、大会情報を作成後にSNSへの投稿することが可能です。

このうち「Discord」には、AIボットの"Tourney"を直接プラグインすることもできます。

「Game.tv」リリース記念キャンペーンとスペシャル企画も開催

「Game.tv」のリリースを記念して、「Game.tv」で大会を開催したコミュニティ50組に対し、Amazonギフトコード5,000円分の賞金スポンサーになるキャンペーンが実施されています。

また

モバイルゲーム「どうぶつタワーバトル

ゲーム実況者の加藤純一さん

とのスペシャルコラボレーション企画「加藤純一タワーバトル 信者衛門杯 powered by Game.tv」が開催されます。

この企画では、加藤純一さんが参戦する大会が開催されるほか、上位に輝いたプレイヤーには豪華特典が贈呈される予定です。

>>「Game.tv」公式サイト

>>「Game.tv」日本公式Twitter

まとめ

米国で開発・提供されているモバイル向けeスポーツプラットフォーム「Game.tv」が、ついに日本でもリリースされました。

このプラットフォームは、搭載されているAI機能でeスポーツ大会運営をサポートしてくれるほか、SNSとの連携で簡単に大会を主催することができます。

これまでeスポーツとは無縁だと思っていたユーザーに対して、気軽に大会に参加できる機会を提供してくれるこのプラットフォームが日本に上陸したことで、国内でのeスポーツ市場が更に拡大することが期待されますね。

ソース:「Game.tv」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう