イメージ

eスポーツ教育事業を展開しているゲシピ株式会社は2020年10月20日(火)、東京地下鉄株式会社と業務提携して、沿線及びオンラインでのeスポーツジム事業の展開をしていくことを発表しました。




東京メトロとの提携でeスポーツの展開へ

今回ゲシピ社が東京地下鉄株式会社(東京メトロ)と締結した業務提携は、東京メトロが実施しているオープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR(東京メトロアクセラレーター)2019」に則ったもので、今後は両社の協業でeスポーツジムの運営やイベントの開催が実施されていきます。

イメージ

ジムの運営やイベントなどeスポーツの裾野を拡大

2020年3月に同プログラムにおいて、応募総数130件の中から審査および最終プレゼンを経て、ゲシピ社が最終審査通過企業2社のうち1社に選抜されました。

この提携によってゲシピ社と東京メトロは、東京メトロ沿線でのeスポーツジム事業の実施に向けた連携を強化していく方針を打ち出しています。

ゲシピ社が保有している

・eスポーツトレーニングジム運営のノウハウ

・eスポーツ英会話などの事業アセット

を有効活用し、東京のeスポーツシーンの裾野を広げることで、同社の事業理念である

「いつでも誰でもeスポーツを真剣に楽しめる世界の実現」

に向けて事業を展開していくということです。

イメージ




2020年12月から提携事業の開始へ

同協業でのeスポーツ事業展開については、ジムの店舗かオンラインで以下のような会員向けサービスが提供予定になっています。

<ジム店舗>

・eスポーツ指導

・eスポーツ英会話

・eスポーツ自主練習利用

<オンライン>

・eスポーツ指導

また事業スケジュールは、2020年12月頃にオンライン事業の一部先行実施が、2021年3月頃にはジム店舗(1店舗目)のオープンが予定されています。

なお、今後の具体的な事業スケジュールは、「eスポーツジム」公式 Twitterで案内されていきます。

イメージ

ジムイメージ

「Tokyo Metro ACCELERATOR 2019」とは

「Tokyo Metro ACCELERATOR(東京メトロアクセラレーター)2019」は、東京メトロが実施しているオープンイノベーションプログラムで、"Keeping You on the Move~みんなが自分らしくつながる未来へ~"というコンセプトのもとに、新たな価値創造への挑戦を目的に実施されています。

「CONNECTION(つながり)」

「WORK(働き方)」

「WELLNESS(健康)」

の3つをテーマとして、2019年12月に協業パートナー企業の募集を行っています。

130件もの応募の中から2度の審査を経て6社が選ばれており、その中から今回のゲシピ社を含む2社が最終審査を通過しています。

このプログラムでは2020年4月から順次実証実験が実施されており、各企業と共創が進められています。

まとめ

今回、ゲシピ社と東京メトロの業務提携が発表されました。

この提携では、今後両社の協業でeスポーツジムの運営やイベントの実施が計画されています。

その一環として、今年12月ごろにはオンライン事業の一部先行実施が、2021年3月ごろにはeスポーツジムの1店舗目のオープンが予定されています。

その他にもいろんなサービスが計画されているようですが、どんなサービス・店舗がこれから誕生していくのでしょうか。

今後の発表にも注目したいですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう