「クライム・第一生命 gespo☆パーティー 2021」11/19と20に群馬で開催!

一般社団法人群馬県eスポーツ連合(gespo)は、eスポーツイベント「クライム・第一生命 gespo☆パーティー 2021」を、2021年11月19日と20日に開催することを発表しました。




「クライム・第一生命 gespo☆パーティー 2021」11/19と20に開催

「クライム・第一生命 gespo☆パーティー 2021」は、群馬県eスポーツ連合の主催・群馬県や全国高校高等学校eスポーツ連盟など9団体の後援で開催されるeスポーツイベントで、今月19日(金)と20日(土)に無観客で開催されます。

「群馬のeスポーツシーンをサポートしたい!」

との思いから株式会社クライム、第一生命保険株式会社 群馬支社/太田支社の2社がトップスポンサーに就任しており、他27社の企業が協賛しています。

イメージ

1日目の19日にはゲスポ賛助会員限定のWEBセミナーと、群馬県内に事業所のある社会人による「異業種交流戦」が行われるほか、2日目の20日には

・レース

・パズル

・格闘

・スポーツ

の4ジャンルで競われる「グンマー最強決定戦」と、高校将棋部対決のエキシビションマッチが実施されます。

グンマーたちが繰り広げるこれらの熱い闘いは、YouTubeで配信されます。

<使用タイトル>

「太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!」

PS4「グランツーリスモSPORT」

PS4「リアルタイムバトル将棋」

PS4「鉄拳7」

PS4「ぷよぷよeスポーツ」

PS4「eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE」

イベント公式サイト

配信先サイト(gespo公式Youtubeチャンネル)

19日はセミナーと異業種交流戦

初日となる19日には、まずgespo賛助会員限定のセミナーが開催されます。

群馬県eスポーツ連合の賛助会員限定のWEBセミナーで、

・社会人リーグを手掛ける目的はどこにあるのか

・多くの企業がリーグに参戦する理由やもたらす効果は?

をテーマに、凸版印刷株式会社の平山正俊さんと株式会社NTT e-Sportsの影澤潤一さんが登壇します。

同日に行われる異業種交流戦には、群馬県内に事業所を置く企業が出場し、

「太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!」

で4名のトーナメントを繰り広げます。

さらに

「グランツーリスモSPORT」

による8名のトーナメントも実施され、太鼓の達人では群馬県住みます芸人の川島 大輔さんとガッツいわせさんがMCと実況を担当し、グランツーリスモではザスパクサツ群馬スタジアムDJの佐山 裕亮さんが実況を、全国eスポーツ選手権2021 GTS部門県予選3位の岩浪 将(ナミ太郎)さんが解説を担当します。




20日はグンマー最強決定戦とエキシビジョンマッチ

2日目の20日には初開催となる「グンマー最強決定戦」が開催され、ここでは

・レーシング

・格闘

・パズル

・スポーツ

の多彩なジャンルから、最強のグンマーが決定されます。

総合司会は群馬県在住フリーアナウンサーの笹川 裕昭さん・ご当地アイドル「あかぎ団」の礒干 彩香さんが担当するほか、各タイトルで下記のタレントや選手が実況・解説を担当します。

<「グランツーリスモSPORT」部門 決勝レース(8名参加)>

実況:佐山 裕亮さん/解説:岩浪 将さん

<「鉄拳7」部門 4名決勝トーナメント>

実況:ばーすとさん/解説:GGマンさん

<「ぷよぷよeスポーツ」 部門 4名決勝トーナメント>

実況:ガッツいわせさん/解説:あ~ちゃんさん

<「eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE」 部門 4名決勝トーナメント>

実況:佐山 裕亮さん/解説:高田 保則さん

またエキシビションマッチでは、古い歴史を持つ群馬伝統の男子校「前橋高校」と「高崎高校」の試合が行われます。

全国大会出場も果たす名門将棋部がその威信を掛けて出場し、eスポーツタイトル「リアルタイムバトル将棋」で激突します。

ここではMCを笹川 裕昭さんが担当し、ゲスト解説に日本将棋連盟群馬県支部連合会副幹事長の川田 公一さんが招かれます。

まとめ

群馬県eスポーツ連合主催のeスポーツイベント「クライム・第一生命 gespo☆パーティー 2021」が、今月19日と20日に行われます。

本イベントでは群馬ゆかりの企業などが参加し、各タイトルの大会も開催されます。

地域交流を図るこのイベントでは、いったいどんな展開が見られるのでしょうか。

Youtubeでの配信も予定されているので、ぜひ観戦して楽しんでください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう