イメージ

2020年9月24日(木)~27日(日)に開催されたeスポーツ大会「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」(日本eスポーツ選抜競技大会)で実施された、全4タイトルの優勝者が決定されました。

彼らは日本代表として、韓国で開催予定の「Esports Championship East Asia(東アジアeスポーツチャンピオンシップ)」に出場します。




「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」での優勝者が決定

「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」は、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)主催の日本eスポーツ選抜競技大会で、2020年9月24日~27日にベルサール渋谷ガーデンにて開催されました。

同大会では、賞品総額500万円と国際大会への日本代表出場権をかけたバトルが繰り広げられており、その結果、採用4タイトルそれぞれの優勝者が決定されています。

イメージ

各タイトル優勝者だけでなく、上位に輝いたプレイヤーにも世界大会への出場権が与えられており、

「eFootball ウイニングイレブン2021 SEASON UPDATE」では上位1チーム(2名)

「クラッシュ・ロワイヤル」では上位4名

「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」では上位5チーム(20名)

に、韓国で開催予定の「Esports Championship East Asia」へ日本代表として出場する権利が付与されました。

また「ストリートファイターV チャンピオンエディション」では、上位1名に今後開催が想定されている国際大会の日本代表権が与えられています。

イメージ

各タイトルでのバトルを制覇したプレイヤー

本大会で実施された各タイトルの優勝・準優勝プレイヤー(チーム)は次の通りです。

彼らには賞金が贈られており、舞台を世界に移して強豪たちとのバトルに挑みます。

イメージ

eFootball ウイニングイレブン2021 SEASON UPDATE(ウイイレ2021)

ウイイレ2021ではチーム「サガン鳥栖」が優勝に、チーム「ヴェルディeスポーツ」が準優勝に輝いています。

優勝のサガン鳥栖には日本代表権が与えられており、今回の優勝にあたって、同チームのSR選手とまさちゅう選手からのコメントが公開されています。

<SR選手>

嬉しいです!
もう、嬉しいしかないです!
次はアジア大会(東アジアeスポーツチャンピオンシップ)があるので、そこでも優勝したいと思います!

<まさちゅう選手>

今回の大会で優勝が出来て、すごく嬉しいです!
日本代表として恥じない戦いをしたいと思います。

イメージ

クラッシュ・ロワイヤル(クラロワ)

クラロワではJACK選手が優勝に、♬︎ひまわり@パンケーキ♬︎選手が準優勝に輝いています。

JACK選手には日本代表権が与えられ、今回の優勝にあたってのコメントが公開されています。

今日優勝したんですけれども、国際大会で勝つのが一番大事だと思うので、そこに向けて全力投球して必ず勝ちます!

イメージ

PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)

PUBGではチーム「ELEMENT.36 JAPAN(Pureboy選手/Sylphia選手/amonot選手/satou選手)」が優勝に、チーム「Rascal Jester(gabha選手、CiNVe選手、Weeeesker選手、RJ_oka選手)」が準優勝に輝いています。

この試合の結果、「ELEMENT.36 JAPAN」「Rascal Jester」「Zoo Gaming / Penguin」「CYCLOPS athlete gaming」「GrimNight REDCELL」の5チームに日本代表権が与えられています。

また優勝した「ELEMENT.36 JAPAN」の各選手からのコメントが公開されています。

<Pureboy選手>

4試合しかなかったので、どうなるか不安でしたが、自分たちのやりたいプレイができ1位で終えることができたのでとてもほっとしています

<amonot選手>

1位を初めて取ったので嬉しいです。4試合の中でもチームとしてしっかり動けた試合とそうでない試合があるので改善していけたらなと思います。

<Sylphia選手>

今大会で優勝出来て本当に嬉しいです。 せっかくの与えていただいた機会なので国際大会でも頑張りたいです!

<satou選手>

優勝をいつも逃していたのでとても嬉しいです。 今年3度目の国際大会のリベンジをしたいと思っています。

イメージ

ストリートファイター V チャンピオンエディション(ストV)

ストVでは、チーム「Mildom BST」のふ~ど選手が優勝に、チーム「Red Bull Athlete」のガチくん選手が準優勝に輝いています。

ふ~ど選手に日本代表権が与えられており、今回の優勝にあたってのコメントが公開されています。

プロゲーマーがみんな参加する中で、優勝して日本代表の権利をもらったので、国際大会があったらちゃんと優勝したいと思います。




優勝者にはゲーミンググッズも贈呈

本大会の優勝者(チーム)には賞金100万円が、準優勝者(チーム)には賞金25万円が授与されたほか、優勝者にはスポンサー各社より提供されたゲーミンググッズも贈呈されています。

イメージ

優勝者(チーム)には、オフィシャルスポンサーである株式会社マウスコンピューターよりゲーミングノートパソコンが、同じくオフィシャルスポンサーのサントリーホールディングス株式会社より、日本代表選手に対する「サポートプログラム」として、1年分の清涼飲料が贈呈されています。

まとめ

9月24日~27日に、JeSUのeスポーツ大会「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」が開かれました。

この大会は、世界大会に出場する日本代表を決めるもので、優勝者(チーム)を含む上位者が舞台を次の世界大会に移します。

特に「ウイイレ」「PUBG」「クラロワ」の日本代表は、韓国で開催予定の「Esports Championship East Asia」に出場することが決定しています。

アジアの強豪たちに挑む彼らは、次にどんなバトルを見せてくれるのでしょうか。

今後の動きにも注目が集まります。

ソース:「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう