イメージ

一般社団法人全国高等学校eスポーツ連盟(JHSEF)と株式会社毎日新聞社が主催する「第3回全国高校eスポーツ選手権」のエントリーが、2020年9月1日(火)から開始されています。

大会は予選も含めて11月~来年3月までの間に予定されており、エントリーは10月16日(金)まで大会公式サイトで受け付けしています。




第3回全国高校eスポーツ選手権とは

イメージ

第3回全国高校eスポーツ選手権は、JHSEFと毎日新聞が主催、文部科学省が後援する、高校生を対象にしたeスポーツ大会で、

「eスポーツを楽しむ高校生を応援し、文化として発展させていくこと」

を目的に開催されます。

今回の大会は株式会社サードウェーブが共催しており、制作協力は株式会社E5esports Worksが、またコーユーイノテックス株式会社、滋慶学園COMグループ(JIKEICOM Team esports)が協賛しています。

同大会では

・ロケットリーグ部門

・リーグ・オブ・レジェンド部門

があり、11月~12月にかけて各部門の予選が行われます。

決勝は翌2021年に行われる予定で、ロケットリーグ部門が3月13日(土)に、リーグ・オブ・レジェンド部門が3月14日(日)に開催されます。

エントリーが受付中!全国の高校生が対象

現在大会公式サイトにてエントリーが受付されており、締め切りは10月16日(金)までとなっています。

対象年齢は満16歳~満19歳(該当誕生日2001年4月2日~2005年4月1日)となっており、参加できるのは、日本国内に在住する高校生・定時制高校生・高等専門学校生(3年生まで)・通信制高等学校生です。

また日本在住の外国人留学生も参加可能となってり、他にも

・同じ高校からチームを組んで参加できること

・予選大会と決勝大会の全日程に参加できること

・チームキャプテンとスターティングメンバーの内1名は、日本語で円滑にコミュニケーションが取れること

が参加条件になっています。

1チームのエントリー人数は、ロケットリーグが3~4人、リーグ・オブ・レジェンドが5~6人となっており、下記日程で全てがオンラインで開催されます。

<予選>

ロケットリーグ:11月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)、23日(祝・月)

リーグ・オブ・レジェンド:12月5日(土)、6日(日)、12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)

(予選決勝はロケットリーグ部門が11月23日、リーグ・オブ・レジェンド部門が12月20日(日)になります。)

<決勝>

ロケットリーグ:2021年3月13日(土)

リーグ・オブ・レジェンド:2021年3月14日(日)

大会公式サイト




9月15日、19日には説明会も実施

また9月15日(火)、19日(土)には、参加希望校の生徒や教諭を対象に、同大会の説明会がオンラインで実施されます。

説明会ではeスポーツや本大会の説明に加え、質疑応答の時間が設けられています。

対象はeスポーツに関心がある、これから大会に出場しようか検討している高校生や教諭で、オンライン会議ツールの「Zoomウェビナー」で実施されます。

実施時間は、パソコン部の高校生や教諭向けが9月15日(火)17時~18時に、一般の高校生や教諭向けが9月19日(土)14時~15時に行われます。

参加申し込みは大会公式サイトからできます。

ロケットリーグとは

ロケットリーグは Psyonix IncがPS4などで販売しているサッカーゲームです。

バトルカーと呼ばれるラジコンを操作して3対3で対戦します。

リーグ・オブ・レジェンドとは

リーグ・オブ・レジェンドは、ライアットゲームズがPCで展開しているマルチプレイヤーオンラインバトルゲームです。

チャンピオンと呼ばれる任意のキャラクターを操作して、5対5で相手の本拠地に戦略的に攻め込んでいくという内容です。

まとめ

JHSEFと毎日新聞が主催する「第3回全国高校eスポーツ選手権」が、11月から開催されます。

この大会は全国の高校生を対象にしており、"ロケットリーグ"と"リーグ・オブ・レジェンド"でそれぞれの高校日本最強チームを目指して激突します。

最近は高校生を対象にしたeスポーツ大会が増えていますが、出場チームの中からどんな未来のeスポーツ選手が出てくるのか楽しみですね。

今大会の出場チーム、またメンバーにも注目していきたいところです。

ソース:「第3回全国高校eスポーツ選手権プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう