イメージ

中国・NetEase Gamesが開発・運営する非対称対戦ゲーム「Identity V 第五人格」の、世界大会“Call of the Abyss Ⅳ(COAⅣ)”への出場をかけたオンライン予選が開催され、その結果日本から3チームの出場が決定しています。




「Call of the Abyss Ⅳ」とは

「Call of the Abyss Ⅳ(COAⅣ)」は、中国のNetEase Gamesが開発・運営している、基本プレイ無料の非対称対戦ゲーム「Identity V 第五人格」の国際eスポーツ大会で、賞金総額が300万人民元(約5000万円相当)の大規模なものとなっています。

イメージ

毎年1回、世界中から強豪プレイヤーが集まり、世界最強を目指して熾烈なバトルを繰り広げます。

本大会には全16チームが参加可能で、その日本代表となるチームを決めるオンライン予選が開催されました。

イメージ

日本代表は3チーム

日本から出場できるのは3チームで、すでに出場権を獲得している

2020年度夏季IVC優勝の"AL戦隊"

2020年度秋季IVC優勝の"LN戦隊"

とともに世界の舞台へ挑む最後の1チームが、今回のオンライン予選で決定されています。

イメージ

このオンライン予選では、ソニーモバイルがスポンサーとして協賛しており、同社のスマートフォン“Xperia 5 II”が公式端末に使用されています。

“Xperia 5 II”は21:9の高画質なワイドディスプレイに加え、タッチの反応速度や追従性を極限まで追求した機種で、最大240Hzの高速タッチ検出により直感的にスマホが体の一部になったような感覚で自由自在に操作できます。

ゲームにはかかせないサウンドも、3.5mmのオーディオジャック搭載により遅延やノイズも少なく楽しむことができ、勝つ為の機能がコンパクトボディに凝縮されている端末となっています。

イメージ




オンライン予選決勝で「GD戦隊」が勝利

本予選大会には、日本中から選び抜かれた強豪8チームが出場し、その中の1チームだけにグローバル決勝戦への参加資格が与えられます。

トーナメントは2週間にわたって実施され、それを勝ち抜き決勝戦へと駒を進めたのは、

・GD戦隊

・LM戦隊

で、日本の代表として世界に挑むのはどちらの戦隊かを決する激戦が行われました。

初戦から大激戦の展開に

今回の日本最高峰の戦いは初戦から大激戦となっており、ラウンド1では、先にサバイバーをプレイしたLM戦隊が2人脱出で引き分けに持ち込むと、後半戦はGD戦隊が3人脱出を遂げて勝利し、まずはGD戦隊が1勝をもぎ取るという結果になっています。

イメージ

続くラウンド2では、GD戦隊のハンターを務めるGD_noNino選手が鬼神の如き強さを見せつけており、LM戦隊のサバイバー4人全員を脱落させ、チームに大きな勝利をもたらしています。

イメージ

逆転を狙うLM戦隊に対して、GD_noNino選手が追い打ちをかけるかのようにLM戦隊のサバイバーを3人脱落させると、後半戦ではGD戦隊のサバイバー4人全員が脱出に成功し、見事無敗での3連勝を果たすという結果でGD戦隊が優勝の座に輝いています。

イメージ

この結果をもって、COAⅣグローバル決勝戦に出場する日本代表3チームがすべて出そろい、

・AL戦隊

・LN戦隊

・GD戦隊

が次の世界の舞台に挑みます。

IdentityⅤ第五人格eスポーツ事務所公式ツイッター

IdentityⅤ第五人格公式ツイッター

公式サイト

まとめ

非対称対戦ゲーム「Identity V 第五人格」の世界大会「COAⅣ」へ出場する、日本代表を決めるオンライン予選が開かれ、GD戦隊が代表に決定されました。

これにより「AL戦隊」「LN戦隊」「GD戦隊」が舞台を世界に移し、世界中から集まった強豪たちとの戦いに挑みます。

次の世界大会で、彼らはどんなバトルを見せてくれるのでしょうか。

その結果にも注目が集まりそうです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう