イメージ

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」パズドラ部門の予選大会が、2020年11月2日から開催されることが発表されました。

予選はゲーム内の"ランキングダンジョン"で行われ、代表選手に選ばれたプレイヤーは12月開催の代表予選大会へ出場できます。




都道府県対抗eスポーツ選手権パズドラ部門予選が開催へ

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」は、南日本新聞社や日本eスポーツ連合(JeSU)など5団体で構成された同大会実行委員会が主催する都道府県対抗のeスポーツで、ぷよぷよやパズドラ、ウイイレなどの5タイトルの試合がオンラインを軸に行われます。

それに先駆けたパズドラ部門の予選大会が、2020年11月2日(月)0:00~8日(日)23:59の期間に、ゲーム内ランキングダンジョン「全国eスポーツ選手権2020杯」で実施されます。

予選では事前エントリーを行った選手がバトルし、ランキングダンジョンの上位入賞者が各都道府県の代表選手に選ばれます。

イメージ

大会特設サイト

予選を突破すれば代表選手として「代表予選」へ出場

この予選大会を勝ち抜き、見事代表選手に選ばれたプレイヤーは、12月に開催される代表予選大会へ出場できます。

代表予選では、全国の予選を突破した猛者たちが、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2020 KAGOSHIMA」本戦への出場枠をかけて熱いバトルを繰り広げます。

なお、鹿児島県代表は開催地枠となるため、代表予選に参加せず本戦へ出場可能です。

イメージ

本戦で優勝した選手は、JeSUが発行を行う「プロライセンス」の認定権利が獲得できます。




事前エントリーも受付中

大会への参加には、ゲーム内から事前エントリーする必要があり、対象ランキングダンジョン終了後の11月9日(月)10:00まで受け付けられています。

参加できるのはパズドラIDを持っていて、かつ2020年4月時点で小学生以上のプレイヤーとなっており、現在の居住地やふるさと(卒業済または在学中の中学校、高校の所在地)などエントリーする都道府県の各種証明書類の提出が可能であることも参加条件になっています。

なお、未成年の参加者は、代表予選以降に出場する際は保護者の同意が必要ということです。

また全国予選大会はプロ、アマを問わず参加可能となっており、ランキングダンジョン開催中は何度でもダンジョンへ挑戦することができます。

これらの代表選手の発表は、2020年11月末が予定されています。

エントリーに関する詳細はこちら

まとめ

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」パズドラ部門の全国予選大会が、11月2日(月)から開催されます。

この予選はゲーム内のランキングダンジョンで実施されるもので、予選を突破して代表選手に選ばれたプレイヤーは、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」へ出場できます。

全国から猛者たちが集まるこの大会、どのプレイヤーが代表選手に選ばれるのでしょうか。

またどこの代表選手がトップに輝くかも含めて、大会の行方が注目されます。

腕に自信のあるプレイヤーは、より良いスコアを獲得し、上位入賞を目指してチャレンジしてみてください。

ソース:「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう