イメージ

ゲームのオンライン家庭教師「ゲムトレ」を運営する株式会社ゲムトレは、小学生355人を対象にゲームに関するアンケート調査を実施し、その結果を公開しました。

その結果、子どもたちの興味関心が多種多様に広がっていることが分かっています。




ゲムトレが小学生に人気のゲームなどを調査

ゲムトレが今回、小学生を対象にしたゲームに関するアンケート調査を実施し、その結果を公開しています。

この調査によって2021年時点での小学生の

・今一番見ているゲーム実況YouTuber

・今一番遊んでいるゲームタイトル

が明らかになっています。

アンケート対象は日本全国に住んでいる小学生

・1年生57人

・2年生58人

・3年生62人

・4年生56人

・5年生59人

・6年生63人

の計355人で、アンケートの結果は以下のようになっています。

一番見ているゲーム実況YouTuberは「HikakinGames」

この項目の結果によると、回答者355人のうち2割以上の小学生がゲーム実況チャンネル「HikakinGames」を一番に見ていることが判明しています。

続いて、人気順に

・まいぜんシスターズさん

・れじぇくんさん

・ねこくん!さん

・ネフライトさん

・狩野英孝さん

などの動画が小学生によく見られてることが分かっています。

イメージ

prtimes.jpより

これを昨年度に実施された同内容のアンケート結果と比較すると、1年間で全体として大きな変化は無いものの、昨年よりも「HikakinGames」の割合が少し増えたという結果になっています。

また、フォートナイト実況者の人気が全体的に高まっている傾向が見られており、新規のランクインとしては、芸能人のYouTube参入に伴い、狩野英孝さんなど芸能人のゲーム実況チャンネルも人気があることが分かっています。

さらに回答数が少数だった割合(その他)も多くなっており、このことから子どもたちの興味関心が多種多様に広がっていることが推測されています。

イメージ

prtimes.jpより




一番遊んでいるゲームタイトルは「フォートナイト」

この項目の結果によると、一番人気のゲームタイトルは昨年に続き、バトルロイヤルゲームの「フォートナイト」であるという結果が出ています。

魅力的なゲーム性に加え、ゲーム内での豊富なイベントや演出、他の作品とのコラボスキンの配布など、多くのユーザーに愛される仕掛けが人気に繋がっていると見られ、他タイトルでは、

・マインクラフトやあつまれどうぶつの森

・長く愛されているスマブラやマリオ、ポケモンシリーズ

などが人気を占めています。

イメージ

prtimes.jpより

この結果も昨年のものと比較すると、上位3つのゲームタイトルにより人気が集中した結果となっています。

単なる対戦ゲームではなく、作品づくりや友人との交流の要素が入っているゲームタイトルが人気と見られ、コロナ禍の影響による友人関係の希薄化が、オンラインゲームによって緩和されていると考えられています。

イメージ

prtimes.jpより

まとめ

ゲムトレが昨年度に引き続き、小学生に人気の実況Youtuberやゲームタイトルを調査しました。

その結果、子どもたちの興味関心が多種多様に広がっていることが分かっています。

この1年で子どもたちは自宅でゲームをする時間が増え、同時にその保護者たちも自宅で子どもとのコミュニケーションを取る時間も増えていると察します。

そんな中だからこそ、子どもたちの興味関心の傾向を把握していくことは、これからのeスポーツコミュニティの発展にも必要になるでしょう。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう