イメージ

ポノス株式会社は、「京都eスポーツサミット2020 Summer ~京都eスポーツゲーム大賞授賞式~」の開催を発表しました。

授賞式では、ノミネートされたゲーム6作品の中から、入賞作品が選ばれます。




「京都eスポーツサミット2020 Summer ~京都eスポーツゲーム大賞授賞式~」とは

「京都eスポーツゲーム大賞」は、ボノス社と京都府、一般社団法人 日本インディペンデント・ゲーム協会が共同で開催しているゲーム開発コンテンストで、2020年1月12日に第二回「京都eスポーツサミット2020 Winter」で実施が発表されたものです。

日本国内の開発者から対戦型のインディーゲームを募集し、応募作品の中からいくつかの作品を絞って、同時開催のイベント「BitSummit The 8th Bit」内でプロゲーマーたちによる最終審査と講評を経て、それらの中から最も優れたタイトルが選ばれます。

新型コロナ禍となった今回は、"BitSummit The 8th Bit"の開催が見送られ、オンライン開催となった"BitSummitGaiden"内で「京都eスポーツゲーム大賞」の最終審査発表と表彰式が実施されます。

審査の結果、入賞作品には開発支援金が授与されます。

イメージ

京都eスポーツゲーム大賞発表サイト

ノミネート作品の中から優秀作品が選ばれる

「京都eスポーツゲーム大賞」には20タイトルを超える作品が応募されており、最終審査会へのノミネートは6タイトルに絞られています。

本イベントではこの中から入賞者が選ばれ、発表される予定です。

表彰イベントは、2020年6月27日と28日にオンラインで開催される「BitSummitGaiden」と同時開催される予定で、インターネット環境を通じても無料で参加することができます。




20を超える作品の中からノミネート作品は6つ

作品の審査は、世界最大のゲームライブ配信サイト「Twitch」を通して、最終候補6作品の中から受賞作品が決定されます。

配信中は人気プロゲーマーによる候補作品の紹介や実況対戦も実施されており、視聴者も楽しめるコンテンツとなって公開されます。

またゲーマー特化型チャットアプリ「Discord」を利用することで、最終ノミネート者との交流も楽しめます。

ノミネート1:カニノケンカ - Fight Crab -

イメージ

© 2020 Calappa Games LLC

エントリー名:カラッパゲームス合同会社

ゲーム紹介サイト

ノミネート2:シューフォーズ

イメージ

© 2018-2020 vv-labo

エントリー名:ブイブイラボ

ゲーム紹介サイト

ノミネート3:ジオラマナイト

イメージ

© 2018-2020 PICKLE's

エントリー名:ピクルズ

ゲーム紹介サイト

ノミネート4:ドギーニンジャ 爆熱ストライカーズ!

イメージ

©2019 Toydea Inc.

エントリー名:株式会社トイディア

ゲーム紹介サイト

ノミネート5:Ballistic Craft: 弾導のアルケミスト

イメージ

© Palladium Soft / Fonukapoh Yatsuhashi / GameTomo All rights reserved

エントリー名:Palladium Soft

ゲーム紹介サイト

ノミネート6:BATTLLOON - バトルーン

イメージ

© 2019 noname studio Published by Sony Music Entertainment (Japan) Inc.

エントリー名:noname studio

ゲーム紹介サイト

まとめ

今回、「京都eスポーツサミット2020 Summer ~京都eスポーツゲーム大賞授賞式~」が、今年6月27日と28日に開催されることが発表されました。

このイベントは「京都eスポーツゲーム大賞」で集まった、ノミネート6作品の中から入賞作品を選ぶもので、選ばれた作品の開発元には開発支援金が授与されます。

本リリースでノミネート作品が公開されていますが、この中からどれが入賞するのでしょうか。

入賞作品で遊べる日が来るのが楽しみですね。

ソース:「京都eスポーツサミット2020 Summer ~京都eスポーツゲーム大賞授賞式~」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう