イメージ

吉本興業株式会社は2020年6月3日(木)、PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグの2020年シーズン「LJL 2020 Summer Split」が、今月13日(土)から開幕することを発表しました。

今シーズンの大会フォーマットの詳細も公開されています。




「LJL 2020 Summer Split」とは

6月13日からの開幕が発表された「LJL 2020 Summer Split」は、ライアットゲームズのマルチプレイヤーオンラインバトル「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の日本国内プロリーグ"League of Legends Japan League(LJL)"の2020年夏シーズンで、6月~9月にかけて行われます。

今シーズンは昨今の新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、出場選手と観客をはじめとした関係各位の安全を考慮した開催方法の方針が決定されています。

その方針によると、開催方法は

オンライン:選手が自チームのゲーミングハウスから試合に参加すること

無観客オフライン:無観客で選手がヨシモト∞ホールで試合を行うこと

オフライン:観客を動員し、選手がヨシモト∞ホールで試合を行うこと

の3段階に基づいて実施されることになっています。

これらの判断は試合日の2週間前に、東京都が定める「ロードマップ」のステップの段階・判断時点での感染者数の増減により判断することとなっています。

この方針を踏まえて、6月13日の開幕戦は、オンラインでの実施になっています。

イメージ

watch.lolesports.comより

判断基準などの詳細

大会公式サイト

全8チームが出場!レギュラーシーズンは6月~8月に

本大会の出場チームは

AXIZ

Burning Core

Crest Gaming Act

DetonatioN FocusMe

Fukuoka SoftBank HAWKS gaming

Rascal Jester

Sengoku Gaming

V3 Esports

の8つのプロチームが出場する予定で、まずはこの8チームによるレギュラーシーズンが、6月13日(土)~8月1日(土)に行われます。

イメージ

対戦は1試合を先取したチームが勝利となる「Bo1」と、全チームによる総当たりが2回実施される「ダブルラウンドロビン」で行われます。

レギュラーシーズンの結果、上位6チームに輝いたチームは、8月16日~9月6日にかけて行われるプレイオフに進出します。

プレイオフで優勝したチームは、LoLの世界大会である「Worlds 2020」に日本代表として出場することができます。

また本大会の賞金総額は、1,000万円にもなっています。




開幕戦のスケジュールが決定!試合の様子は配信も

開幕戦となる"week1"は6月13日(土)の13時から開始される予定で、

Game 1 13:00 AXZ VS CGA

Game 2 14:30 V3 VS AXZ

Game 3 15:45 CGA VS BC

Game 4 17:00 BC VS V3

Game 5 18:15 SG VS RJ

Game 6 19:30 DFM VS SG

Game 7 20:45 SHG VS DFM

Game 8 22:00 RJ VS SHG

のスケジュールで行われます。

また残りのレギュラーシーズン・プレイオフの日程も、公式サイトで公開されています。

イメージ

watch.lolesports.comより

さらに各試合の様子は、以下の放送プラットフォームで配信されます。

Mildom

Openrec

Twitch

まとめ

LoLの日本国内リーグ「LJL 2020 Summer Split」が、いよいよ6月13日に開幕します。

この大会ではプロ8チームが出場予定で、9月にかけて2020年夏シーズンのトップを決めます。

見事レギュラーシーズン・プレイオフを勝ち抜いて優勝に輝いたチームは、日本代表として世界に挑むことになります。

今シーズンは果たしてどのチームが勝ち抜くのでしょうか。

目が離せない大会になりそうです。

ソース:「LJL 2020 Summer Split」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう