「リーグ・オブ・レジェンド」のeスポーツブランド『LoL Esports』が登場!

2020年7月22日、人気PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」を運営する米国・ライオットゲームズは、世界中で開催されているLoLの地域リーグとグローバルイベントをつなぐプラットフォームとしてeスポーツブランド『LoL Esports』を発表しました。

また、サモナーズリフトのアートワーク乾影響を受けた『LoL Esports』の新しいロゴとビジュアルも発表されています。




成長を続ける「リーグ・オブ・レジェンド」

成長を続ける「リーグ・オブ・レジェンド」

2010年の始動以来LoLのeスポーツは世界最大の人気を誇っていて、2019年のWorld Championshipの決勝戦では過去最大となる1分あたりの平均視聴者数(AMA)2,180万人を達成しました。

成長を続けるeスポーツ業界にあってLoLは業界全体をリードするコンテンツとして、数百名におよぶプロ選手が世界12地域のリーグで競技を行っています。

また、現在行われている2020年シーズンのSummer Split(国内ではLJL 2020 Summer Splitが開催中)では、昨年比で地域リーグが大幅な成長を遂げており、オンラインでのAMAが大きく増加しています。

ゲーム配信データ分析の専門家であるStream Hatchet氏の調査によると、

LPL(中国)

LCK(韓国)

LEC(ヨーロッパ)

LCS(北アメリカ)

というLoLプロリーグ上位4地域では、TwitchおよびYouTubeにおいてAMAが129%増加しており、世界的な視聴者数が伸びているとのことです。

eスポーツブランド『LoL Esports』を発表

eスポーツブランド『LoL Esports』を発表

このように成長を続けるLoLがこの先の10年をスポーツとして迎えるにあたり、ゲームを意義のある職業として確立するという理念の体現として『LoL Esports』はスタートしました。

『LoL Esports』では、デジタルチャンネルであるLoLEsports.comを通して、グローバルな競技イベントをそれぞれ異なる視点から捉えた3つの動画シリーズとして提供されます。

これらの動画シリーズでは、ファンがLoL eスポーツの12の地域リーグおよびグローバルイベントにおけるトップレベルのプレイを取り上げた動画を楽しむことが可能です。

ライアットゲームズ eスポーツ部門のグローバルヘッドを務めるJohn Needham氏は、

世界中の人々にLoL eスポーツファンに楽しんでもらうことが私たちの目的です。それは感動的な競技イベント、持続可能な成長、最先端の技術、派手なエンターテインメント、そしてチームとスポーツの誠実さを重視する姿勢などによって支えられる、活気あふれるグローバルなeスポーツエコシステムを構築することから始まります。

とコメントしています。




『LoL Esports』のサイトデザインも刷新

『LoL Esports』のサイトデザインも刷新

また、すべてをここまで成長させてくれたこのゲームへ敬意を払いつつ、よりモダンに作り変えていくことを目指して『LoL Esports』のサイトデザインも刷新されることになりました。

そこで、LoLの伝統ある競技場「サモナーズリフト」を参考に、配色やアイコンを作成しています。

新デザインは『LoL Esports』上のチャンネル、イベント、配信などで確認可能です。

[WEB]LoL Esports公式サイト

まとめ

eスポーツ最大の人気タイトル「リーグ・オブ・レジェンド」がスタートから10年を迎えるにあたり、eスポーツブランド『LoL Esports』を発表しました。

『LoL Esports』では、特に競技が盛んな地域リーグの大会の様子を見ることができるなど、よりLoLを身近に楽しむことができるようになります。

eスポーツの裾野が広がることにつながっていく活動は、まさにeスポーツをリードするタイトルならではの試みではないでしょうか。

これからも勢いを増していきそうなLoLの試みに注目していきたいですね。

ソース:合同会社ライアットゲームズプレスリリース[PRTimes]

Twitterでフォローしよう