イメージ

PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」を運営している米・Riot Games, Inc.の日本法人の合同会社ライアットゲームズは、「リーグ・オブ・レジェンド」ファンのための国際的な配信マラソンイベント「ミッドシーズン ストリーミングマラソン」を、日本時間の2020年5月30日(土)午前9時~6月1日(月)正午にかけて開催することを発表しました。




「ミッドシーズン ストリーミングマラソン」とは

「ミッドシーズン ストリーミングマラソン」は、Riot Gamesのマルチプレイヤーオンラインバトル「リーグ・オブ・レジェンド」の国際配信イベントで、日本時間で2020年5月30日9:00~6月1日12:00の間ぶっ通しで配信が行われます。

「ミッドシーズン ストリーミングマラソン」では、各地域間のリーグによる試合やエキシビジョンマッチなどのコンテンツ配信が予定されており、放送は複数言語による配信がされます。

イベントは、世界中から"COVID-19"いわゆる新型コロナウイルス救援資金を集めるために企画されたもので、世界中から「リーグ・オブ・レジェンド」の

・プレイヤー

・ファン

・スペシャルゲスト

がオンライン上に集結します。

またこのイベントは、Mastercard・State Farm・Red Bull・Secretlabなど、「リーグ・オブ・レジェンド」eスポーツパートナーによりサポートされています。

イメージ

>>イベント視聴サイト

配信時間は48時間以上!プロ選手などのバトルが目白押し

「ミッドシーズン ストリーミングマラソン」では48時間以上もの配信のなかで、

「ヨーロッパのチームによる対戦」

「ブラジルのインフルエンサーYodaさんとKamiさんの対決」

「中国プロリーグLPLと韓国プロリーグLCKのトップチームによるミッドシーズンカップを賭けた対決」

などが予定されています。

その他に日本国内からも、プロ選手やインフルエンサーが出場する予定となっています。




集まった資金は新型コロナ対策へ

「ミッドシーズン ストリーミングマラソン」期間中は、COVID-19(新型コロナ)救援を行うNPO法人ネットワークへの募金を行うことができます。

この募金は、Riot Games Social Impact Fund(ライアットゲームズ社会的インパクト基金)を通じ、

ImpactAssets COVID Response Fund

GlobalGiving Coronavirus Relief Fund

といった団体に配布されることになっており、最前線で働く医療従事者や専門家への支援、COVID-19感染防止啓発プログラムに使われるということです。

イメージ

まとめ

ライアットゲームズが日本時間5月30日~6月1日の間に、「リーグ・オブ・レジェンド」の国際的な配信イベント「ミッドシーズン ストリーミングマラソン」を開催することを発表しました。

このイベントは"COVID-19"いわゆる新型コロナウイルス救援を目的とした、グローバルeスポーツによるイベントで、海外や国内のプロ選手・チーム・インフルエンサーたちのバトルが、48時間以上にわたって配信されます。

イベント期間中は募金も行われており、集まった資金は医療従事者や専門家の団体へ配布されます。

こんな状況っだからこそ、昨今の新型コロナ禍の中でも勢いが衰えないeスポーツを通じて、治療やワクチンの開発などに専念している医療従事者や専門家の皆さんに、感謝の意を伝えましょう。

ソース:「ミッドシーズン ストリーミングマラソン」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう