イメージ

米Riot Games, Inc.の日本法人・合同会社ライアットゲームズは、PC・モバイル向けストラテジーカードゲーム「レジェンド・オブ・ルーンテラ」の賞金付き公式大会「シーズントーナメント」を、太平洋標準時間の2020年12月6日(日)~7日(月)の2日間に開催することを発表しました。




LoR公式大会が12月に開催へ

「レジェンド・オブ・ルーンテラ(LoR)」は、"リーグ・オブ・レジェンド"の世界をベースにしたPC・モバイル向けストラテジーカードゲームで、WindowsやiOS・Android向けに2020年4月から配信されています。

「奥深い戦略性」

「カード入手方法の自由度の高さ」

「メタの多様性」

が特徴で、課金要素が試合を有利にすることはなく、全てのプレイヤーがフェアでエキサイティングな試合を楽しむことができます。

そのLoR公式の賞金付き大会が、今年12月6日(日)~7日(月)の2日間に開催されることが決定されました。

なお、賞金については実施各地域の法律の影響を受ける可能性があるとのことで、その場合の代替案も含めて対策が検討されています。

世界4つの地域でトッププレイヤーを決める

この大会はLoRゲーム内で開催されるもので、トーナメント形式で行われます。

・アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア

・東南アジア

の4つの地域サーバーごとに、トッププレイヤー1,024名によるトーナメント大会が実施され、そのサーバーごとの優勝プレイヤーが決定されます。

最終決戦の様子は全世界にライブ配信されるほか、トーナメントで4勝を挙げた参加者には特別なカードバックがプレゼントされます。

同様の大会は今後、各シーズンが終了する2ヶ月ごとに実施されていく予定になっており、今回の開催が記念すべき第1回目の開催となります。




参加資格は2種類

本大会への参加資格の獲得方法は、

・ランク

・ガントレット

の2種類が用意されています。

およそ2カ月ごとにプレイヤーの実力(ランク)を決定する「シーズン」がゲーム内で実施されており、そのシーズン終了時点で各サーバー内ランキングの上位700位以内に入っているプレイヤーが、トーナメントに参加できます。

一方ガントレットでは、シーズン最後の大一番となる「ラストチャンスガントレット」へ挑戦したプレイヤーの中から、最初の挑戦で7勝を達成した先着324名に参加資格が与えられます。

これには、シーズン中のガントレットでの戦績も考慮されるということです。

イメージ

LoRプロデューサーコメント

今回の大会開催にあたって、LoRエグゼクティブプロデューサーのJeff Jewさんからのコメントが公開されています。

シーズントーナメントはトッププレイヤーのために用意された、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』の中でも最大の晴れ舞台です。

参加しやすい形式で行われる競技志向の大会というのは、プレイヤーの皆さんからも多くの要望が寄せられていたものです。

最初のシーズントーナメントを制覇するのは一体誰なのか、私たちも結果がとても楽しみです。

「シーズントーナメント」公式サイト

まとめ

PC・モバイル向けストラテジーカードゲーム"レジェンド・オブ・ルーンテラ(LoR)"の賞金付き公式大会「シーズントーナメント」が、今年12月に開催されます。

この大会はゲーム内で行われるもので、世界4つの地域に分かれているサーバーエリアごとに実施されます。

LoRは今年4月にリリースされたばかりのタイトルで、まだ開始から日が浅いながらも、腕の立つプレイヤーたちが集まる激戦が予想されます。

決勝の様子は配信されるようなので、どんなバトルが繰り広げられるか楽しみですね。

その時の出場プレイヤーにも注目したいところです。

ソース:「レジェンド・オブ・ルーンテラ」公式大会「シーズントーナメント」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう