イメージ

合同会社ライアットゲームズは、PC・モバイル向けタイトル「レジェンド・オブ・ルーンテラ」と「チームファイト タクティクス」初となる国内公式大会「MIND MASTERS 2020」の大会スケジュールなどの詳細を公式サイトで公開しました。

「MIND MASTERS 2020」の賞金総額は、1,000万円であることも公開されています。




「MIND MASTERS 2020」のスケジュールがついに公開

「MIND MASTERS 2020」は、米・Riot Gamesが運営するモバイル向けゲーム

「レジェンド・オブ・ルーンテラ」

「チームファイト タクティクス」

の2タイトルを使った、日本国内の公式大会で、2020年6月~8月にかけて行われます。

満13歳以上の日本の全プレイヤーが対象になっており、エントリーが2020年5月22日(金)~29日(金)の間に大会公式サイトで受け付けられます。

予選は6月~7月にかけて、各部門ごとにオンラインで実施される予定で、8月に東京・渋谷にある"よしもと∞ホール"で決勝が行われます。

なお、大会参加資格の詳細は、公式サイトで公開されています。

イメージ

各タイトルNO.1を目指したバトル

「MIND MASTERS 2020」では、1v1のストラテジーカードゲーム「レジェンド・オブ・ルーンテラ」と、自分で作ったチームで他の7人を相手に戦うラウンド制ストラテジーゲーム「チームファイト タクティクス」各部門のバトルが行われるもので、最終的にそれぞれの国内No.1プレイヤーが決定されます。

賞金の総額は1,000万円になっており、その内訳は「レジェンド・オブ・ルーンテラ」部門が

優勝者:賞金500万円

2位:賞金200万円

ベスト4(2名):賞金30万円

ベスト8(4名):賞金10万円

「チームファイト タクティクス」部門が

優勝者:100万円

2位:賞金50万円

3位:賞金30万円

4位:賞金20万円

となっています。

さらに「チームファイト タクティクス」部門の優勝者には、世界大会「Teamfight Tactics: Galaxies Championship」の出場権が与えられ、日本代表として世界の強豪たちに挑むことができます。




出場者は計704名!10日に渡るバトルが繰り広げられる

この大会の出場人数は、「レジェンド・オブ・ルーンテラ」部門の予選が1エリア64名の合計256名、決勝が各予選上位2名の合計8名となっています。

「チームファイト タクティクス」部門は予選が1ブロック64名の合計448名、決勝が各ブロック上位2名とワイルドカード予選上位2名の合計16名になっています。

気になる日程は以下のようになっています。

オンライン予選

【「レジェンド・オブ・ルーンテラ」部門】

Day 1:2020年6月14日(日)

Day 2:2020年6月27日(土)

Day 3:2020年7月11日(土)

Day 4:2020年7月18日(土)

【「チームファイト タクティクス」部門】

Day 1:2020年6月21日(日)

Day 2:2020年7月5日(日)

Day 3:2020年7月12日(日)

Day 4:2020年7月19日(日)

決 勝(会場:よしもと∞ドーム)

【「レジェンド・オブ・ルーンテラ」部門】

2020年8月8日

【「チームファイト タクティクス」部門】

2020年8月9日

>>「MIND MASTERS 2020」大会公式サイト

まとめ

2020年6月~8月の間に、eスポーツ大会「MIND MASTERS 2020」が開催されます。

この大会は、PC・モバイル向けタイトル「レジェンド・オブ・ルーンテラ」「チームファイト タクティクス」2タイトル初の国内公式大会で、賞金の総額は1,000万円になっています。

さらに優勝者は日本一の栄光と賞金を獲得できるほか、「チームファイト タクティクス」部門では国際大会「ギャラクシー チャンピオンシップ」に日本代表として参加することができます。

今夏に行われるこの公式大会、果たして賞金を手にするのはいったい誰でしょうか?

エントリーも5月22日~29日に受け付けられているので、この夏はバトルでさらに熱くなってみませんか。

ソース:「MIND MASTERS 2020」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう