eスポーツが2026年開催の第20回アジア競技大会の正式競技に決定!

2023年7月13日、一般社団法人愛知eスポーツ連合は、eスポーツが2026年に愛知県名古屋市で開催される第20回アジア競技大会の正式競技に決定したことを明らかにしました。




2大会連続でアジア競技大会のeスポーツが正式種目に採用!

アジアオリンピック評議会(Olympic Council of Asia / OCA)は、7月8日に開催された総会において、第20回アジア競技大会の正式競技にeスポーツを追加することを決定しました。

第19回アジア競技大会で初めて正式競技に採用されたeスポーツですが、今回の決定により2大会連続で正式協議として行われることになります。

今回の決定を受けて、愛知・名古屋を中心とする地域のeスポーツの普及・進行を目指す愛知eスポーツ連合は、

・大会を主催するアジアオリンピック評議会(OCA)

・eスポーツのアジア地域における国際競技連盟であるアジアeスポーツ連盟(AESF)

・日本の統括競技団体である一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)

などと連携し、現地組織委員会とともに大会開催の準備に取り組むとしています。




アジア競技大会におけるeスポーツ

アジア競技大会とは、4年に1度開催されるアジア最大のスポーツの祭典です。

アジア・オリンピック評議会(OCA)が主催し、アジアの45の国と地域が参加します。

2018年に開催された第18回大会では、デモンストレーション競技として実施され、サッカーゲームの『ウイニングイレブン(現在は「eFootball」)』で日本代表選手が金メダルを獲得しました。

さらに、2023年9月に中国・杭州で開催される第19回大会では、アジア競技大会としては史上初めてeスポーツが正式種目に採用されました。

競技種目となっているタイトルは、

「Arena of Valor Asian Games Version(伝説対決 -Arena of Valor-)」

「Dota 2」

「Dream Three Kingdoms 2」

「HearthStone」

「EA SPORTS FIFA branded soccer games」

「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)」

「PUBG MOBILE Asian Games Version」

「Street Fighter V(ストリートファイターV)」

が発表されています。

関連記事:プロチーム「DONUTS VARREL」のPUBG MOBILE部門が日本代表に内定!

まとめ

2026年開催の第20回アジア競技大会において、eスポーツが正式種目に追加されることになりました。

大規模なスポーツの祭典としてeスポーツを正式種目としたことから、ゲーマーの間でも注目度の高いアジア競技大会。

これまで第20回大会でeスポーツがどう扱われるのか未発表の状態が続き、宙ぶらりんの状態と感じていたゲーマーも多いかもしれません。

なお、第20回大会は愛知・名古屋で開催されるため、アジア中の強豪ゲーマーが名古屋に集結することになります。

名古屋でどのような熱戦が繰り広げられるのか、日本人選手がその中でどれだけ活躍できるのか楽しみですね!

ソース:プレスリリース[PR Times]

【PR】