「公認大会制度」1月大会の公募を開始!アマチュア大会の支援・サポートへ

日本学生esports協会 / Gameicは、審査を通過したeスポーツのアマチュア大会に対して協賛や企画運営などの包括的な大会支援をする「公認大会制度」の、1月大会の公募を開始しました。




「公認大会制度」1月大会の公募を開始

「公認大会制度」は、日本学生esports協会 / Gameicが毎月行っているeスポーツアマチュア大会の支援プログラムで、審査を通過した大会には

・協賛及び大会企画

・運営

・プロモーション

・大会クリエイティブの作成サポート

などの包括的な大会支援が実施されます。

そんな同制度の1月大会の公募が開始されており、今月29日23時59分までGameic公認大会審査用LINE公式アカウントにて受け付けられています。

イメージ

公認大会制度ページ

審査は電話会議と書類審査

本制度に応募された大会は、

・約30分間の電話会議

・書類選考

によって審査され、審査は今月30日までの間に行われます。

応募はGameic公式LINEアカウントを追加することで可能になり、LINEメニューバーにある「公認大会に応募」より手順に沿うと応募が完了します。

イメージ

またこの制度の支援の一環として作成される大会クリエィティブ(告知画像)は、作成後にGameic公式HP上にて掲載される予定で、各主催者のブランドやイメージカラーをヒアリングのうえで、要望に合わせて作成されます。

さらに作成したクリエィティブは、

・Twitterでのエントリーツイートや大会告知ツイート

・Youtubeでのサムネイル

・各種SNSや広告媒体

などでも利用することができます。

イメージ




3つの"したい"を応援

この制度はアマチュアeスポーツ大会主催者の3つの「したい」を応援することを目的にしており、そのために協賛金・大会クリエイティブ作成支援・広報支援を中心とした包括的な支援を実施しています。

ここで言う3つの「したい」とは、"大会を開催したことがないけど挑戦してみたい!""レベルアップしたい!"などの「新たな挑戦をしたい」、"拡散力や影響力がもう少しほしい!""実績として残したい!"などの「多くの人に広めたい」、"大会を今まで以上にカッコよく見せたい!""配信などのサムネイルが欲しい!"などの「クールに見せたい」で、これらの支援以外にも"アドバイスが欲しい。"などの要望や質問等にも応えつつ、主催者に寄り添ったサポートを展開がされていきます。

まとめ

アマチュアeスポーツ大会を支援・サポートする「公認大会制度」の、1月大会の公募が開始されています。

締め切りは今月29日の23時59分で、審査を通過した大会は協賛や企画運営・クリエイティブの作成など、包括的なサポートを受けられます。

2022年のeスポーツ大会も、ぜひ同制度でスタートダッシュを切ってください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう