eスポーツ

世界中の市場でスマホやPCゲームの開発・運営を行っているNetEase Gamesは、2021年6月26日(土)に開催されるGoogle Play主催のオンライン大会「Play On Challenge 最強ゲーム配信者決定戦」にて、競技用ゲームタイトルを提供することを発表しました。




NetEase Gamesがゲームタイトルを提供

2021年6月26日(土)に開催される、Google Play主催「Play On Challenge 最強ゲーム配信者決定戦」に、中国本土や日本などを含む海外市場でオンラインゲームの開発や運営を行っているNetEase Gamesが、競技用タイトルを提供することが発表されました。

この大会は「最強ゲーム配信者決定戦」をテーマにした、人気のゲーム配信者たちが集う完全オンラインの参加型eスポーツ大会で、同日の16:00~23:00にGoogle Play Japan公式YouTubeチャンネルにて配信が予定されています。

イメージ

大会特設サイト

4タイトルを提供!

本大会へのゲームタイトル提供は、同社が大会パートナーとなっていることから実現したもので、

「荒野行動」

「Identity V」

「ライフアフター」

「トムとジェリー:チェイスチェイス」

の4タイトルが採用されています。

「トムとジェリー:チェイスチェイス」はNetEase Gamesとワーナー・ブラザースが共同制作したゲームで、プレイヤーはネコかネズミを演じてイタズラバトルを楽しむことができます。

大会では参加者が各タイトルごとのブロックに分かれ、それぞれでバトルを繰り広げていきます。




Vtuberや配信者が出場

本大会には、はじめしゃちょーさんやカズゲームズさんなどメジャーYouTubeチャンネルのクリエイター(配信者)をはじめ、月ノ美兎さんや葛葉さんなど著名Vtuberが出場し、合計95名の人気配信者が3つのブロックに分かれて競い合います。

ブロックCでは、10名のVtuberによる「トムとジェリー : チェイスチェイス」「ライフアフター」それぞれのゲームタイトルを扱った対戦が行われ、ブロックBでは、「Identity V」にて最強プレイヤー(ハンター)と人気配信者4名(サバイバー)が対戦します。

さらにブロックAでは、「荒野行動」で20組の配信者チームによる勝ち残りサバイバル戦が行われます。

Aブロック:荒野行動

このブロックでは、ゲーム配信界最強チームを決めるサバイバル戦が行われます。

人気ゲーム配信者20人がリーダーとなって、クリエイター3人とプロ1人の4人チームを結成し、総勢80人でゲーム配信界”最強チーム”を目指して戦います。

Bブロック:Identity V 第五人格

このブロックでは、「Identity V」の最強プレイヤーが操る"最強ハンター”に、クリエイター4人がサバイバーとして挑戦するというもので、サバイバーたちは最強ハンターからの脱出を目指していきます。

Cブロック:トムとジェリー : チェイスチェイス、ライフアフター

このブロックは"Vtuber 最強運動会"とも題しており、「トムとジェリー : チェイスチェイス」では、個人戦の「最強かけっこ」と、2つのチームに分かれて対戦する「最強追いかけっこ」が行われます。

また「ライフアフター」では、個人戦の「最強ゾンビ倒し」と「最強借り物レース」、2つのチームに分かれて対戦する「最強陣取り合戦」が行われます。

まとめ

今年6月26日に行われる、Google Play主催の「Play On Challenge 最強ゲーム配信者決定戦」へ、NetEase Gamesが同社運営のゲームタイトルを提供することが発表されました。

「荒野行動」「Identity V」「トムとジェリー : チェイスチェイス」「ライフアフター」の4タイトルが提供されており、それぞれのタイトルごとのブロックに参加者となる有名配信者や著名Vtuberが分かれ、それぞれのバトルが行われます。

当日はGooglePlay公式Youtubeチャンネルで配信されるので、繰り広げられるバトルを楽しみながら参加者たちを応援してください。

ソース:プレスリリース[PR Times]

Twitterでフォローしよう