日本エイサー主催のアジア大会「Predator League 2020/21」4月に開催!

日本エイサー株式会社は、アジアの各国と地域から代表が参加するeスポーツトーナメント「Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals(Predator League 2020/21)」を、2021年4月6日(火)~11日(日)の日程でオンライン開催することを発表しました。




Predator League 2020/21が4月に開催

「Predator League 2020/21」は日本エイサーが主催するeスポーツトーナメントで、新型コロナの影響で中止された「Predator League 2020」の代わりに、2021年4月6日(火)~11日(日)の日程でオンライン開催されます。

アジア各国と地域から強豪選手がオンライン上に集結し、激しい戦いを繰り広げます。

本大会には、

・ストラテジーゲーム「Dota 2」

・バトルロイヤルゲーム「PUBG」

が採用されており、今回も各タイトルでの熾烈な戦いが予想されます。

イメージ

大会公式サイト

4つのサブトーナメントを実施

本大会ではオンライン開催に伴い、4つのサブトーナメントが行われ、参加する各国・各地域からのチームがそれぞれに分かれて戦います。

サブトーナメントの構成は、以下のようになっています。

・Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals Dota 2 Asia

・Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals Dota 2 APAC

・Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals PUBG Asia

・Asia Pacific Predator League 2020/21 Grand Finals PUBG APAC

PUBG Asiaには5つの国と地域から16チームが出場

サブトーナメント「PUBG Asia」は、2021年4月6日(火)、7日(水)、10日(土)に開催予定で、

・日本4チーム

・韓国4チーム

・チャイニーズタイペイ4チーム

・香港、マカオから4チーム

と5つの国と地域から合計16チームが出場します。

大会の様子は、トーナメント開催に合わせて日本語配信が行われる予定で、視聴者プレゼントキャンペーンも実施されるなど、全ての観戦者が楽しめるコンテンツが用意されます。

配信時間や配信チャンネルなどの詳細は、後日に公開されます。




プロチームが出場

「PUBG Asia」には、昨年出場権を獲得しているプロeスポーツチームの「DetonatioN Gaming White(デトネーション・ゲーミング・ホワイト)」「Rascal Jester(ラスカル ジェスター)」が日本代表として出場するほか、今回のオンライン開催に伴ってトーナメント数が2つとなり、全体の出場枠が増えたため、プロeスポーツチームの「ENTER FORCE.36(エンターフォースサーティーシックス)」と「SunSister(サンシスター)」の出場も決定しています。

「ENTER FORCE.36」は、現在開催中のPUBGの国際大会「PUBG GLOBAL INVITAIONAL.S」への出場実績が考慮されて出場が決定されており、「SunSister」は、PUBG国内トーナメント「PUBG JAPAN CHALLENGE」予選をトップで通過した実績を買われて、今回出場チームに選出されています。

イメージ

また「PUBG Asia」での賞金は、以下のようになっています。

・優勝:37,500米ドル

・準優勝:15,000米ドル

・3位:7,500米ドル

まとめ

日本エイサーが主催するアジアeスポーツトーナメント「Predator League 2020/21」が、4月にオンラインで開催されます。

この大会には、ストラテジーゲーム「Dota 2」とバトルロイヤルゲーム「PUBG」が採用されており、出場各国・地域の出場チームは、4つのサブトーナメントに分かれて激しい戦いを繰り広げます。

アジア各国・地域から強豪チームが集まるこの大会では、どんな展開のバトルが繰り広げられるのでしょうか。

まずは日本から4チームが出場する「PUBG Asia」が当日に配信されるので、日本代表を応援して大いに盛り上がってください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう