イメージ

株式会社CyberZは、2月16日(日)に秋葉原UDXで開催された「RAGE Shadowverse Pro League 19-20 season League Championship」の結果を公開しました。



「RAGE Shadowverse Pro League 19-20 season League Championship」とは

毎年5月~2月にかけて行われる「RAGE Shadowverse Pro League」は、CyberZ・エイベックス・エンタテインメント・テレビ朝日が共催する、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」の内のスマホ向けTCG「Shadowverse(シャドウバース)」のプロリーグです。

5月~8月に1stシーズン

10月~2月に2ndシーズン

が開催されます。

そして今リーグは2月16日に、両シーズンの優勝者が激突する「Championship」が秋葉原UDXで行われました。

この戦いで、セカンドシーズンの勢いそのままに名勝負を繰り広げたチーム「AXIZ」が見事リーグチャンピオンの座に就くという結果が出ています。

イメージ

これらの様子は各動画サイトで配信されており、3月1日の深夜2時~3時にはテレビ朝日系列の地上波で放送される予定になっています。

OPENREC.tv

YouTube

AbemaTV

第1~3試合は「よしもとLibalent」が優勢に

今回行われた「Championship」では1stシーズンを制した「よしもとLibalent」と2ndシーズンを制した「AXIZ」が、リーグチャンピオンを巡ってバトルを繰り広げました。

試合は前例がないほどの総力戦となっており、両チーム大きなリードを許さないまま4対4で最終戦を迎えるというドラマのような展開になっています。

第1試合では

「よしもとLibalent」のkeisuke3選手(ウィッチ)

「AXIZ」のRob選手(ネメシス)

が対決し、大胆なアクションが展開されるバトルの中、keisuke3選手が優勢のまま試合が終了。

先に5勝したチームが勝利というルールの中で、まずは「よしもとLibalent」が初戦を制しての1勝という結果になっています。

イメージ

続く第2試合では

「よしもとLibalent」のソルト選手(ウィッチ)

「AXIZ」のGemo選手(エルフ)

が対戦し、長期戦となったバトルの中、徐々に追い詰められていくソルト選手に対して手堅く守り抜いたGemo選手が勝利しました。

この結果、両チームとも1対1の同点に並ぶという結果になっています。

イメージ

第3試合では

「よしもとLibalent」のSurre選手(ネクロマンサー)

「AXIZ」のChino選手(ウィッチ)

が対戦し、お互いに読みを働かせて攻守が入り乱れお互いの戦術が交錯するバトルを持ち前の胆力を活かしたSurre選手が勝利。

「よしもとLibalent」が勢いに乗るかのような見事な一勝を遂げています。

イメージ

第4~8試合は両者とも接戦を繰り広げる

第4試合は

「よしもとLibalent」のfeg選手(ロイヤル)

「AXIZ」のRumoi選手(ドラゴン)

が対戦し、一進一退の戦局が続く中で最終的にはRumoi選手が勝利をおさめました。

第3戦まで勝利の流れに乗っていた「よしもとLibalent」に対し、「AXIZ」がその流れを阻止するという結果になっています。

イメージ

Championshipもいよいよ中盤に差し掛かる第5試合では

「よしもとLibalent」のkeisuke3選手(ネメシス)

「AXIZ」のRob選手(ネメシス)

が激突。

試合ではkeisuke3選手の見事な読みもあり、本大会きっての長期戦となりました。

終盤の厳しい局面ではkeisuke3選手は苦しそうな表情が続き、約40分にもわたる長期戦はRob選手が勝利をつかみ取るという結果になっています。

イメージ

続いての第6試合では

「よしもとLibalent」のfeg選手(エルフ)

「AXIZ」のRumoi選手(ネクロマンサー)

が対戦しました。

第4試合のリベンジマッチとなったこの試合では、feg選手が本来持っているメンタルの強さを発揮し、両者一歩も譲らない攻防が続く中でfeg選手が見事リベンジを果たすという結果になっています。

イメージ

第7試合では

「よしもとLibalent」のSurre選手(ネクロマンサー)

「AXIZ」のGemo選手(ロイヤル)

が対戦しました。

終始劣勢となっていたGemo選手が終盤で残り1ポイントからの大逆転を披露しており、この勝利で「AXIZ」は優勝に王手をかけるという結果になっています。

イメージ

終盤に差し掛かる第8試合では

「よしもとLibalent」のソルト選手(ウィッチ)

「AXIZ」のChino選手(ウィッチ)

が対戦し、後がない状況の「よしもとLibalent」ソルト選手がそのプレッシャーをはねのけて勝利しました、

この時点で、両チーム一歩も引かないまま互いに優勝まであと1勝という状況になっています。

イメージ



今リーグを制したのは「AXIZ」

ついに今リーグの覇者が決まる第9試合では

「よしもとLibalent」のSurre選手(ドラゴン)

「AXIZ」のGemo選手(エルフ)

がバトル。

スタートと同時に会場のボルテージは最高潮になり、最終戦にふさわしいハイレベルな戦いが繰り広げられました。

そんな中で冷静にプレイする両選手はお互い一歩も譲らない接戦を展開し、最終的にGemo選手が勝利。

今リーグは「AXIZ」が優勝という結果になっています。

イメージ

表彰式では「AXIZ」の各選手と「Shadowverse」総合プロデューサーの木村さん・RAGEコミッショナーの青村さんから今大会の感想が述べられました。

「AXIZ」Rob選手

「この日をずっと想像して頑張ってきたが、想像していたよりもずっと素晴らしい景色でした。私自身も、そしてチームとしても山あり谷ありでしたが、これからもAXIZは頑張っていきたいと思います」

「AXIZ」Chino選手

「僕もRob選手同様に声が枯れました。結果が出せない時もありましたが最後は勝ててよかったです」

「AXIZ」Rumoi選手

「本当にうれしいです。有言実行できてよかったです。Rob選手にはほんとに助けてもらいました。ありがとうございます」

「AXIZ」Gemo選手

「マジうれしいですね。自分が勝ったよりもこのチームで勝てたことがうれしいです」

「Shadowverse」総合P 木村さん

「今回の大会の結果は、素晴らしいプレイヤーとファンの熱い応援によるものだと思います」

RAGEコミッショナー青村さん

「5月から新しいシーズンを迎えます。また3月15日の行われるチャンピオンシップも楽しみにしていてください」

引用:「RAGE Shadowverse Pro League 19-20 season League Championship」プレスリリース

イメージ

サイドイベントなども実施

本戦のインターバル中のステージでは、「Shadowverse」総合プロデューサーの木村さんからレジェンドカード「煌剣の戦士・アンリエット」の発表が行われたり、屋外スペースでは来場者とプロが対戦する、プロリーグチャレンジマッチが行われています。

また特典付きのアンケートも行われるなど、多くのファンで賑わうイベントになっています。

イメージ

まとめ

今月16日に秋葉原で「RAGE Shadowverse Pro League 19-20 season League Championship」が開催され、ドラマチックな大接戦の末、「AXIZ」が見事に優勝に輝きました。

これにて本年度リーグのチャンピオンが同チームに決定しています。

1年にわたる長い戦いは忘れることのない良き思い出になり、チームメイトとの共闘やライバルたちとの奮闘は、彼らにとって素晴らしい経験になったかと思います。

また新しいシーズンが5月から始まりますが、次はどんな戦いが繰り広げられるのでしょうか。

ソース:「RAGE Shadowverse Pro League 19-20 season League Championship」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう