イメージ

2020年8月29日(土)と30日(日)に開催された国際大会「RAGE ASIA 2020」の結果が発表されました。

「RAGE ASIA 2020」ではアジアの国と地域から人気と実力兼ね備えたトップクラスのチームが参戦しており、「荒野行動」では日本チームが、「Apex Legends」では韓国チームが優勝の座に着いています。




RAGE史上最大規模の国際大会「RAGE ASIA 2020」

「RAGE ASIA 2020」は日本国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」が主催する国際大会で、2020年8月29日(土)と30日(日)の計2日間にわたり開催されました。

「RAGE ASIA 2020」では

・荒野行動-Knives Out-

・Apex Legends

の2タイトルが採用されており、アジアの国と地域から人気と実力兼ね備えたトップクラスのチームが集まり、アジア最強の王者の座を巡った熾烈な戦いが繰り広げられています。

今回の大会は無観客で行われており、MCのはゲーム好き芸人としても知られているお笑いコンビの霜降り明星の二人と、テレビ朝日の並木万里菜アナウンサーが務めました。

DAY1のゲストにはFUJIWARAの藤本敏史さん、DAY2のゲストには「Apex Legends」のファンという劇団EXILEの佐藤寛太さんら豪華キャストが登場し、トークなどで大会を盛り上げています。

生配信で総視聴者数170万超えを記録

「RAGE ASIA 2020」は

・OPENREC.tv

・YouTube

・ABEMA

の生配信で、総視聴数約170万超えを記録しており、ローンチされたばかりのeスポーツ専用VR施設「V-RAGE」との連動で、先進的なeスポーツ観戦環境を提供しています。

大会スポンサーによる盛り上げ企画も開催!

DAY1のスポンサーには「Google Play」が就任しており、大会を盛り上げる企画として、参加選手やチームのデータを見ながらリアルタイムで勝利チームを予想できる「Google Play 勝敗予想キャンペーン」が実施されました。

「Google Play 勝敗予想キャンペーン」では、荒野行動ゲーム内アイテム「金券」12,000金券相当のGoogle Play Points9,000ポイントや豪華賞品が獲得できるとのことで、多くのユーザーが参加していました。

DAY2のスポンサーに就任した「レノボ・ジャパン合同会社」はゲーミングPC「Legion(レギオン)」を提供し、Lenovo JapanのTwitterアカウントで「RAGE ASIA協賛キャンペーン」を開催しました。

試合中に「#Legion」をつけて好きなチームや選手を応援すると抽選で豪華Legion製品が当たるというものでした。

イメージ

「RAGE ASIA 2020」大会公式サイト

DAY1では荒野行動で20チームがバトル!優勝は日本の「αD Vogel」

29日のDAY1では「荒野行動-Knives Out-」を使ったバトルが展開され、

日本からは10チーム

中国から8チーム

台湾と香港から1チームずつ

の計20チームが激突しました。

その結果、日本から参戦したチーム「αD Vogel」(あるふぁでぃ ほーげる)が優勝の座を勝ち取っています。

イメージ

参加20チーム

第1試合は「芝刈り機」が制す!視聴者との荒野レーシング対決も

初戦となった第1試合のステージは"激戦野原"で行われ、開幕初動から激しい撃ち合いが展開される中、早くも4チームが脱落しました。

息をもつかぬ急展開で早々に脱落チームが相次ぐ中、最後に怒涛の巻き返しで日本チームの「芝刈り機」が第1試合を制しています。

イメージ

試合の間には、今年の5月に追加された新レジャーモード「荒野レーシング」を使った視聴者とのレース対決が実施され、スペシャルゲストの"テオくん"とYouTuberの"昼下がりのジャマイカ"さんが参戦し、視聴者の中から選ばれた6名との計8人で対戦を行いました。

ゲストが視聴者(Google Play Gamer)に負ける場面もあり、本線の間にも大きな盛り上がりを見せています。

イメージ

第2、3試合でも熾烈なバトルが!最後はゲストの登場で大盛り上がり

続く第2試合のステージは"東京決戦"で行われ、1試合目とは打って変わって各チームが様子を見合うという、静かな立ち上がりを見せました。

日本の「丸丸」がマップを制圧するような立ち回りをみせたのをきっかけに試合が大きく動き、同じく日本チームの「αD Aves」がVtuber達も大声を上げる程の展開で試合を制しています。

最終戦となる第3試合では、コメンテーターのおちゃ氏も唸るほどのスーパープレーが連発され、終始優位な位置取りをしていた「αD Vogel」がこの見どころ満載の試合を制しています。

<「αD Vogel」コメント>

ありがとうございます!2年間やっていて初のタイトルだったのでとてもうれしいです。アジアの選手と戦えて楽しかったです。撃ち合いが強い選手が多い中、1戦目2戦目と稼いでいて最終戦で勝てたのが良かったです。賞金はいつもチームを支えてくれるリーダーや代表に何かしてあげたいです。

イメージ

エンディングでは、ゲストのFUJIWARA藤本さんがハイレベルな高いの連続に思わず、『もうみんな1位でええやん』と提案し、すかさず粗品さんから『いや大会やねん。みんな3時間4時間やってるんですから』と鋭いツッコミが入り、終始笑いの絶えない大会となりました。

DAY2ではApex Legendsのバトルが!優勝は韓国の「T1」

30日のDAY2では「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」のバトルが行われ、

日本からは10チーム

韓国から5チーム

中国から5チーム

が参戦しています。

DAY2では、韓国の「T1」(ティーワン)が好戦的な戦闘を制し、王者に輝いています。

イメージ

参加20チーム

試合前のインタビューでは、各チームが意気込みを語る中、韓国選手からの『日本のお笑い王者に自分を笑わせて欲しい』とのオーダーに対し、霜降り明星のせいやさんが韓国語でギャグを披露して見事同選手の笑いを取るなど、緊張の中にも笑いのあるインタビューとなりました。

イメージ

韓国勢が勢いを見せつける第1~3試合

初戦の第1試合では、eスポーツ超大国・韓国の3チームが存在感を見せつけ、三つ巴の状態になりました。

アーマーも武器もない状態で戦うなどハイレベルな闘いが繰り広げられ、紙一重で初戦を制したのは韓国の「T1」となっています。

試合後の勝利インタビューでカンロプ選手は、『攻める姿勢が良かった。国際大会だが緊張はなくとても楽しめた』と振り返っています。

続く第2試合では、前の試合を制した「T1」が早くも二人落ちという番狂わせから始まりました。

序盤は日本の「SCARZ White」がいい動きを見せ、中盤は同じく日本の「野良連合」が存在感を見せつけるも、メンバー全員が高校生の日本チーム「Crest Gaming」が一気に有利な状況からそのまま勝利をものにしています。

この時点での総合順位は、堅調なキル数を見せている「SCARZ White」が1位、総合キル数では「SCARZ White」レジェッタが首位になっています。

第3試合では、ライン際でキルをするという韓国勢のスタイルが多く見受けられた試合となりました。

終盤にはまたもや「Crest Gaming」が残りましたが、eスポーツ超大国と言われる韓国チームの底力をみせた「T1」の前に敗れるという結果になっています。

イメージ

終盤の第4、5試合でも白熱したバトルが!

第4試合では、優勝候補の一角「SCARZ White」が早々に脱落するという展開から始まり、ここまで控えめな印象だった中国勢が存在感を見せ、「Invictus Gaming Lightning」が終盤まで残るも、最期は「SCARZ Black」が勝利して優勝候補に名乗りを上げるという結果になっています。

決勝となる第5試合では、韓国勢同士の一騎打ちや各チームとも前に出てキル数を稼ぐという崖っぷち状態の動きを見せる中、「SCARZ White」と「SCARZ Black」の同門対決を制した「SCARZ Black」が見事勝利。

最終的な総合順位では韓国の「T1」が見事1位に輝き、今大会の優勝を掴み取っています。

また、カロンプ選手は個人最多キルも総合1位となりました。

<優勝チーム「T1」コメント>

ありがとうございます。優勝できてとてもうれしく、すごくいい気持ちです。賞金の25万円は両親のために使いたいと思います。遅くまで見ていただいてファンの皆さまありがとうございました。

イメージ

エンディングでは、霜降り明星のせいやさんも、『オレもせい1になる』と「T1」のプレイに感化されて意気込む程に興奮した様子を見せ、ゲストの佐藤寛太さんは『「Crest Gaming」という気になるチームが出来たので、ユキオを中心にこれからも応援していきたいと思います』と日本勢の未来にも期待を寄せていました。

「V-RAGE」ではVtuberたちが活躍

「V-RAGE」では両日とも人気Vtuberの電脳少女シロさんがMCを務めており、DAY1のゲストにはアイドル部所属のヤマトイオリさんと、ゲーム実況系Vtuberで特に荒野行動の女子で人気上昇中の東雲はるさんが出演し、DAY2では2018年のRAGE Vtuber大会でも優勝しているVtuber渋谷ハルさんと、同じくApexガチ勢ことVtuber白雪レイドさんがゲスト出演しています。

当日は開場と同時に多くのユーザーが来場するなど国際大会にふさわしい盛り上がりを見せており、2日間で2万人を超えるユーザーがアクセスしています。

イメージ

DAY1では煌びやかで美しい演出に、ユーザーから『演出すご』等のコメントが多数寄せられています。

またBEAMSがデザインしたオフィシャルTシャツを着用したアバターで一色となり、ユーザー全体の一体感を感じる空間が広がるというイベントになっています。

MCの電脳少女シロさんは、スタジアム内アバターの拍手や声援に応えるなど、「V-RAGE」ならではのアクションに大興奮の様子で会場を盛り上げていました。

DAY2では白雪レイドさんが、『国際大会は一進一退の闘いも見ものでエキサイティングな時間を楽しめました』ととても楽しそうにしており、ユーザー間で『お疲れ様』や『誰推しですか?』など頻繁に会話が行われるなど、これからの時代を感じさせる新しいコミュニケーションの場となり、一体感に包まれた空間となっています。




「RAGE ASIA 2020」概要

<採用タイトル>

「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」(エレクトロニック・アーツ)

「荒野行動-Knives Out-」(NetEase Games)

<主催>

株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日

<日程>

8/29(土)、30(日)

<開催方式>

無観客オンライン形式での開催

<配信方法>

OPENREC.tv、YouTube、ABEMA

本大会の模様は、9月11日(金)に地上波でも放送されます。

大会前のミニ番組・事前特番でもMCを務めた南海キャンディーズの山里亮太さんが再びMCを務めます。

放送終了後は「ABEMA」「TVer」他で見逃し配信も実施されます。

【番組名】 「日本vs世界!! eスポーツ頂上決戦 RAGE ASIA 2020」

【放送日時】 9/11(金)26:50~28:00

【放送局】 テレビ朝日(関東地区)

まとめ

8月29日と30日に行われた国際大会「RAGE ASIA 2020」の結果が発表されました。

それによると、「荒野行動-Knives Out-」では日本チーム「αD Vogel」が、「Apex Legends」では韓国チーム「T1」がそれぞれの王者の座に着いています。

VR専用の施設「V-RAGE」では、VR空間での観戦をはじめ、Vtuberたちも会場を盛り上げています。

RAGE史上最大規模となった今回の大会で、今年のアジア地域王者が決まったわけですが、次に開かれるであろう大会で、今回の優勝チームはどんな戦いを見せてくれるのでしょうか?

残念ながら敗退してしまった強豪チームたちの動きにも注目したいです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう