イメージ

株式会社CyberZは2020年1月30日(木)、エイベックス・エンタテインメント株式会社・株式会社テレビ朝日と共同で1月25日(土)~26日(日)に幕張メッセで開催した「RAGE Shadowverse 2020 Spring バトルフェスティバル powered by SHARP」の予選大会が、ギネス世界記録を達成したことを発表しました。

予選大会の参加人数でギネス世界記録に!

「RAGE Shadowverse」は、スマホ向けTCG「Shadowverse」の最強を決めるeスポーツ大会です。

参加人数は年々増加しており、拠点を関東のみに集約して、6,000人が集結する予選大会が年に複数回実施されてきました。

そして今月25日と26日の2日間にわたって開催された「RAGE Shadowverse 2020 Spring バトルフェスティバル powered by SHARP」予選大会では、中学生の参加が可能になったことでエントリーの人数が過去最大の1万人を突破し、ギネス世界記録に挑戦しました。

その結果、「オンライントレーディングカードゲームを同時に同一会場でプレイした最多人数(Most people locally playing an online trading card game simultaneously)」のギネス世界記録6,086人を達成しています。

イメージ
記録タイトル

「オンライントレーディングカードゲームを同時に同一会場でプレイした最多人数」

(Most people locally playing an online trading card game simultaneously)

日時:2020年1月25日(土)

会場:幕張メッセ7.8ホール

認定数:6,086人

配信アーカイブ:

>>Day1(Openrec)

>>Day2(Openrec)

記録達成時の会場の様子

ギネス世界記録達成の瞬間の会場では、「RAGE」総合プロデューサーの大友さんと「Shadowverse」総合プロデューサーの木村さんがステージに上がり、今回のギネス世界記録に挑戦した意図を語りました。

大友さんは

「過去最大の参加人数に挑戦しようということでより多くの方に「Shadowverse」の大会シーンを体感いただきたく思ったのが今回チャレンジした背景です。」

とコメントしています。

また木村さんは

「予選にほぼ全員、出たい人が出れるという良い機会になれたのかな。」

とコメントしています。

その後に「6,086人」という認定人数が発表されると会場は大きな歓声と拍手に包まれ、公式認定証が大友さんに手渡されました。

この時に大友さんは

「皆さんに協力いただいてなし得たと思う。本当に嬉しく思います」

とコメントし、木村さんも

「今日来て頂いた皆さんにギネスを取らせて頂いた。」

と感無量の様子で語っています。

イメージ

最後には大友さんから

「これをキッカケにRAGEShadowverseブランドをもっともっと多くの人に知ってもらって、もっともっとプレイヤーの方に楽しんでもらえるようなイベント作りを我々運営も努力していきたいと思います」

と来場者への感謝の言葉が述べられました。

大会では本戦に加えてサイドイベントなどのコンテンツも

大会1日目は過去最大規模の約6,086名の「Shadowverse」プレイヤーが集結し、2日目への進出を目指して熱戦を展開しています。

2日目では前日を勝ち残った約650名のプレイヤーに加えて、過去ファイナリストや各大会で1位を獲得した選手がシード権保有者として参戦しています。

ファイナリストや王者が入り乱れハイレベルなバトルが繰り広げられました。

これらのバトル以外にも、来場者全員が楽しめるような

・サイドイベント

・各種コンテンツ

が実施されています。

決勝への進出を決めた8名が決定

この予選大会を8名が見事勝ち抜き、

イシのハラ選手

Shimon/REV選手

Moon選手

pazuu選手

Esuna/BFF選手

だいふくJC/BFF選手

6@楓選手

ねぎま選手

がグランドファイナリストに選出されています。

彼らは今年3月15日(日)にベルサール渋谷ガーデンにて開催される「RAGE Shadowverse 2020 Spring powered by SHARP」GRAND FINALSに出場し、最強の座を巡って戦います。

イメージ
大会名:「RAGE Shadowverse 2020 Spring powered by SHARP」GRAND FINALS

日程:2020年3月15日(日)

場所:ベルサール渋谷ガーデン

詳細:後日公開

シャドバクイズ王決定戦+シャドバ学力テスト(2日目)

2日目には154名の精鋭たちによる「Shadowverse」知識を試す学力テストが実施されました。

イメージ

テストの結果、点数が高かった上位5名はメインステージで「シャドバクイズ王決定戦」に挑んでいます。

「シャドバクイズ王決定戦」ではゲストとして

・ブルゾンちえみwithBさん

・砂川信哉さん

・名古屋OJAベビースターのさに選手

が登場し、場を盛り上げています。

このクイズ王決定戦で優勝を手にしたのはvertさんで

「めっちゃ嬉しいです。難易度おかしくないですか?」

と、出題された問題が如何に難しかったかが伺えるコメントを残しています。

イメージ

エキシビジョンチームマッチ

お笑いコンビ"ブリリアン"のダイキさんが率いる「チームダイキ」と、2日目への進出を逃したプレイヤーによる対戦企画も行われています。

このエキシビジョンマッチは、ダイキさんの真剣な様子にシャドバ愛を感じることができた一戦となっています。

イメージ

バトルフェスティバルチーム大会

「次回 RAGE Shadowverse Day2シード権」を目指した、3人1組のチーム戦が繰り広げられました。

約200チームがバトルを展開し、チーム「3匹の子豚ちゃん」の

・keysalvia選手

・oya選手

・しんり選手

がトップに輝くという結果になっています。

イメージ

アンリミテッド大会(2日目)

事前応募で約450名の参加者が集結し、「次回 RAGE Shadowverse Day2シード権」を巡ったバトルを繰り広げられました。

ごの戦いの結果、まりりん/BFF選手が頂点に立つという結果になっています。

イメージ

2pick大会(2日目)

同じく事前応募で集まった約450名の参加者が「次回 RAGE Shadowverse Day2シード権」を目指したバトルに挑み、

・おねむ@西河軍団選手

・かりん党選手

が頂点に立つという結果になっています。

イメージ

イメージ

4人フライト式トーナメント supported by AQUOSzero2

このサイドイベントでは、当日その場に集まったプレイヤー4人1組がトーナメント形式で対戦します。

ゲーミングモードも搭載したSHARPの最新端末「AQUOS zero2」が使われており、普段はプレイできないカードやデッキを試したい人だけでなく、端末や「Shadowverse」アカウントを持っていない人でも集まった来場者すべてが楽しめるイベントとなりました。

イメージ

星取りバトル

時間内に多くの参加者とバトルし、たくさん星を集めるイベントです。

集めた星はカードパックチケットな「Shadowverse」ゲーム内アイテムや非売品グッズが当たる抽選券になっており、参加者は希望のグッズを目指して奮闘していました。

イメージ

その他の会場コンテンツ

その他にも会場では

・出前館ブース

・物販ブース

・公式参加認定証受付

が設置され、公式グッズの購入や認定証の購入など、来場者が本イベントを満喫できる2日間となっていました。

イメージ

まとめ

今月25日と26日に、スマホ向けTCGシャドウバースの大会「RAGE Shadowverse 2020 Spring バトルフェスティバル powered by SHARP」予選が行われました。

エントリー数がなんと1万人を突破し、「オンライントレーディングカードゲームを同時に同一会場でプレイした最多人数」でギネス世界記録を達成しています。

当日は決勝への進出をかけたバトルが展開されただけでなく、クイズ選手権などさまざまな催しが行われました。

次は3月に開催される決勝戦です。

いったいどんなバトルが繰り広げられるのでしょうか。

ソース:「RAGE Shadowverse 2020 Spring バトルフェスティバル powered by SHARP」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう