イメージ

eスポーツ専門会社としてeスポーツ大会の企画・運営からプロ選手のマネジメントまで行うウェルプレイド株式会社は、日本最大のゲーム/eスポーツ専用施設「REDEE WORLD」が、2020年3月1日(日)に開業予定であることを発表しました。

「REDEE WORLD」とは

「REDEE WORLD」はウェルプレイド社とレッドホースコーポレーション株式会社・株式会社電通・Next Group Holdings株式会社の4社協業で開設される日本最大のゲーム/eスポーツ専用施設で、大阪府吹田市にあるEXPOCITY内へ2020年3月1日(日)に開業する予定です。

この施設は子供たちがゲームの体験を通じて広範な知識・スキルを獲得することを目的としており、

ゲームとの関わり方

異なる背景をもった他者とのコミュニケーション

科学技術の知識

を育む場となっています。

イメージ

施設名の由来はReady(準備する、整える)を語源としており、レッドホース(Redhorse)の「Red」にコンセプトである教育(Education)とeスポーツの「e」を含んでいるということです。

またロゴはゲームのブロックによって作られており、小さなブロックを“積む”という行為を“学ぶ”という行為に重ねられています。

「REDEE WORLD」施設概要

イメージ

施設名称:「REDEE WORLD」

住所:〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1

アクセス:大阪モノレール「万博記念公園駅」より徒歩約2分

オープン日:2020年3月1日(日)(予定)

施設面積:1457坪

運営会社:レッドホースコーポレーション株式会社、株式会社電通、ウェルプレイド株式会社、Next Group Holdings株式会社

eスポーツ施設にふさわしい3つの特徴

この施設の特徴は3つあり、それぞれがまさにeスポーツ専用施設にふさわしいものとなっています。

【特徴1:日本最大規模の専用施設】

施設内には

イベント会場

プレイスペース

配信スペース

VR機器といったゲーム

eスポーツに関連するあらゆる設備

があり、ゲームを通じて老若男女問わず知的好奇心をくすぐるような体験を楽しめるようになっています。

【特徴2:巨大スクリーンが設置された常設イベント会場】

ゲームやeスポーツのイベントを行うために必要な、ありとあらゆる機材が常設された会場を備えており、日本国内で世界基準のイベントを開催することが可能です。

ゲーム大会や各種オフラインイベントで利用することが可能です。

イメージ

【特徴3:ゲームやeスポーツを“学ぶ”場所】

館内にはゲーミングPCを備えた教室が設置されており、ゲームやeスポーツを学ぶことでコンピューターサイエンスをはじめとした広範な知識を習得することができます。

教室では最先端の端末・技術を駆使した学習コンテンツが用意されており、好奇心旺盛な子ども達に新たな学習機会を提供する場となっています。

イメージ

オープン記念イベントも開催

開業当日には、オープン記念イベントとして「第二回ウェルプレイドフェスティバルin大阪」が開催される予定です。

このイベントは今年8月25日に東京・新宿で開催された「ウェルプレイドフェスティバル2019」の第二回目で、様々なタイトルの大会やプロeスポーツ選手による組み手、パブリックビューイングやゆるふわeスポーツ座談会といったコンテンツが、前回よりさらにパワーアップした形で実施されます。

また「REDEE」の空間を生かしたコンテンツも企画されており、近々イベントボランティアの募集が予定されています。

■開催日時:2020年3月1日(日)(予定)

■開催場所:「REDEE」(〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1)

■参加費:無料(事前予約不要、ただし大会へのご参加は事前予約が必要な場合がございます)

まとめ

来年3月にゲーム/eスポーツ専用施設「REDEE WORLD」が、大阪・吹田市のEXPOCITY内に開業することが発表されました。

この施設には最新ゲーム機器や設備はもちろん、大規模なイベント会場も設置されます。

最新コンテンツも導入される予定で、まさにeスポーツを学ぶ場・楽しむ場としてふさわしい施設になっています。

将来的に、ここからプロeスポーツ選手が誕生するのでしょうか。

来年の開業が待ち遠しいですね。

ソース:「REDEE WORLD」プレスリリース[PR TIMES]

Twitterでフォローしよう